BMW R 1200 R

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)は、BMW Motorrad伝統のボクサー・ロードスター「BMW R 1200 R(アール・センニヒャク・アール)をフルモデル・チェンジし、全国のBMW Motorrad正規ディーラーで3月6日(金)より販売を開始することを発表。
ボクサー・エンジン搭載のロードスターは、1923年に登場した「BMW R32(アール・サンニー)」以来、90年以上に渡ってBMW Motorradファンを魅了し続ける。ロードスターは、モーターサイクルの中でもとりわけ純粋な走りを堪能する為のバイクで、ボクサー・エンジンと組み合わさった走りはライディング・エクスペリエンスを提供する。

Related Gallery:2015 BMW R 1200 R

BMW R 1200 R BMW R 1200 R

今回発表のニューBMW R 1200 Rは、ダイナミックなロードスター・デザインと走行性能に加え、長距離ツーリングにおける走行快適性といったボクサー・ロードスターの特徴を融合したニューモデル。
搭載されるボクサー・エンジンは、新開発の鋼管製ブリッジ・フレームにダイレクトに接続。フロントの倒立テレスコピック・フォークとリアのEVOパラレバーというBMW Motorradのサスペンション・システムを継承しながらも、ステアリング精度や、走行安定性、ハンドルとブレーキの剛性はフレーム設計段階から最優先事項として開発され、スーパースポーツ・モデルBMW S 1000 RR由来の10本スポーク・ホイールを装着するなど、現代的な解釈を採り入れている。​最高出力92kW(125ps)/7,750rpm、最大トルク125Nm/6,500rpmのパワーを発揮し、先代モデルとの比較にて全回転域に渡りトルクを向上。排気ガスは2-in-1タイプのエグゾースト・システムを通り角度が付けられたリヤ・サイレンサーから排出。
モデファイされたエアボックス、新形状のインテーク・シュノーケル、中央に配置されたラジエーターにより、ロードスター・モデルのこだわりであるスレンダーなフロント・シルエットを実現。


BMW R 1200 R BMW R 1200 R
BMW R 1200 R BMW R 1200 R

スタイリングは、低く身構えるようなフロント周りやヘッドライト周りの造形、繊細で軽やかな印象を与えるリヤ・エンドによるダイナミックなプロポーションが、全体としてシャープなウェッジ・シェイプを形成。カラー・バリエーションは、コルドバ・ブルー、ライト・ホワイト(レーシング・レッドのフレーム)、サンダー・グレー・メタリック(アゲート・グレー・マット・メタリックのフレーム)の3種類から選択可能。

BMW R 1200 R BMW R 1200 R

ライダーの個人的なニーズに適合させる為、ニューBMW R 1200 Rは「レイン」「ロード」の走行モードに加え「ライディングモードPro」を標準装備とし「ダイナミック」と「ユーザー」の更に2つの走行モードが選択可能になり、合計4種類の走行モードの選択ができ、走行条件に合わせて車両の緻密なセットアップが可能。ABSの他に「ASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)」、リーン・アングル・センサー付きの「ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)」の採用により、走行安全性を実現し、クラッチ操作無しに瞬時にシフトアップ/シフトダウンができる「ギアシフト・アシスタントPro」も標準装備。
あらゆる状況で最適の運動性能を実現する最新世代の電子式サスペンション「ダイナミックESA(電子調整式サスペンション)」を標準装備とし、よりダイナミックなライディング・エクスペリエンスを提供。ダイナミックESAは「ロード」と「ダイナミック」の2つのダンパー・セットアップが選択可能で、路面状況や走行状態に応じて減衰力を自動的に調整。

BMW R 1200 R BMW R 1200 R

メーターには、アナログ式スピードメーター、オンボード・コンピューターを備え、多様な情報を表示するマルチ・ファンクション・メーターパネルを採用。
走行速度はクラシックなアナログ式スピードメーターに表示。その他の情報は、TFT液晶ディスプレイに表示。
その他、グリップヒーターLEDターンインジケーターを標準装備。

価格は、1,690,000円。

BMW R 1200 R

ビー・エム・ダブリュー株式会社 BMW Motorrad Japan公式HP
http://www.bmw-motorrad.jp/jp/ja/index.html