あなたもテスラ「モデルS」に1泊1万円で
テスラ「モデルS」は、電気自動車としての環境性能と高級セダンに相応しい動力性能を兼ね備えていることから、世界的に評価が高い。しかし、キャンピングカーとして使うとしたらどうだろう? 大人2人が横になって寝られるといってテスラが称賛されることはまずないだろうし、事実、そんなことは今まで聞いたことがない。ところが今回、米アリゾナ州フェニックスに、そんな認識を変えようとする人が現れた。空き部屋シェアサイト『Airbnb(エアービーアンドビー)』に、彼が所有するモデルSを1泊85ドル(約1万円)でモーテル代わりに貸し出すと掲載したのだ

Airbnbとは、自宅や空き部屋を短期間だけ、仲介業者なしで旅行者などに貸し出せるサービス。スティーブという名前の男性は、このサイトを利用して、住居ではなくテスラのモデルSを寝場所として提供するという。彼が書いた紹介文からは、これがジョークなのかどうかを判断するのは難しい。寝心地が心配な人のためだろうか、モデルSの後部座席を占拠する2人用マットレスの写真も公開しており、「夜は鍵付きの専用ガレージで過ごせる」のでセキュリティも万全だという。車内にはリモコン式のキャンドル型ライトが用意されているので照明も問題ないそうだ。さらに利用者は、彼のマンション内にあるキッチンやリビングルーム、テレビ、洗面所も使えるとのこと。ちなみに、ペットとタバコは厳禁だそうだ。

ただし、フェニックスで優雅に休暇を過ごしたい人は注意が必要だ。テスラは自家用車で通勤に使うため、宿泊者は午前8時までには起床しなければいけないという。とはいえ、スティーブさんはリムジン・ドライバーの免許も持っているそうなので、近くの観光案内をお願いしてみるのもいいかもしれない。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】テスラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!