ボルボは、スウェーデンのスポーツギアメーカーPOCと通信会社のエリクソンのオールスウェーデンの連携により、ドライバーとサイクリストの相互通信を可能とする安全技術を開発。ラスベガスで開催された世界最大級の家電見本市 CESで初公開し、2015年3月2日〜5日にバルセロナで開催される予定のMWC(モバイル・ワールド・コンクグレス)でも公開予定。

世界の自転車人口は年々増加し自転車通勤者も増え続け、その結果、自転車による人身事故が増えている。そんな中、ボルボとPOCは互いに協力し対策をとる必要があると考え、相互通信を可能とするシステムを開発。このシステムは車両及び車両と相互通信可能な自転車用ヘルメットで構成。互いの距離が接近するとドライバーとサイクリスト双方に警告を発し衝突の回避を促す様になっている。

ボルボの新型XC90には、自転車との衝突の可能性を検知しドライバーに警告し、必要に応じて自動ブレーキをかけ衝突を回避する技術を標準装備している。サイクリストの安全に対し明確に開発に取り組んだ事は、自動車メーカーとして初めての試みであり、ボルボの自転車事故回避の開発が今回のヘルメットを利用した技術のコンセプトの下地になっている。

このシステムは、サイクリストの間で普及している「Strava」などのスマートフォンアプリを使用し、ボルボのクラウドを通じ自転車と車両の位置をお互い共有することができる。事故の危険性があると判断すると、サイクリストとドライバーの双方に警告が発せられ衝突を未然に防ぎ、自転車が曲がり角や別車両の陰など死角にいると、ボルボのヘッドアップディスプレイに警告が表示されドライバーに接近している事を知らせる。サイクリストには、ヘルメットに取り付けられた警告灯とバイブレーションにより警告。

ボルボ 副社長 グループ CIO クラス・ベンドリクは「衝突しないクルマを作るというビジョンの実現に向け、次なる一歩を切り拓いている我が社にとって、POCそしてエリクソン との連携は重要な試みです。自動車と自転車の間に生じる死角を無くし、衝突を回避するテクノロシジーの実用化に向けて、クラウドベースの安全システムについてあらゆる検証を続けていきます」とコメント。

POC CEO 創業者 ステファン・イッターボルンは「私たちのミッションは、スポーツの競技者やサイクリストの事故を減らし、できるだけ人命を守るために最善を尽くすことです。ボルボとの連携はそのミッションに合致しており、私たちがサイクリストの安全を守り、自動車とサイクリスト のコミュニケーションの向上に貢献できることを大変嬉しく思っています」とコメントし、エリクソン 上級副社長 サポートソリューション事業部総責任者 パー・ボリークリントは「おそらく、通信で命を守れることがネットワーク社会の最大の強みでしょう。路上の何百万人ものサイクリストを守ろうとするボルボとの取り組みは、イノベーションで世界を変えられることを示す最新の実例のひとつてです。この重要な取り組みを、POCと共にサポートしていることを誇りに思っており、今後も通信技術の進歩を追求し、無限の可能性を引き出していく姿勢を変えることはありません」とコメントしている。

ボルボ カー ジャパン 日本公式HP
http://www.volvocars.com/jp/pages/default.aspx