株式会社ドワンゴ(代表取締役社長:荒木隆司)と株式会社トヨタマーケティングジャパン(代表取締役社長:前川眞基)は、2015年2月8日(日)に西武ドームで開催する、本物の自動車を将棋の駒に見立てて戦う地上最大の対局「電王戦×TOYOTA『リアル車将棋』」のドライバー、ゲスト出演者の追加詳細を発表した。

「電王戦×TOYOTA『リアル車将棋』」は、今春開催されるプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトの対局「将棋電王戦FINAL」を記念した企画。「将棋」と「クルマ」がコラボレーションし「将棋戦」というエンタテインメントで、将棋ファン、クルマファンなど、より広くより多くの方にそれぞれの楽しさを知ってもらう機会を提供することを目的としている。西武ドームに再現された巨大な将棋盤の上で"過去の名車"8車種と、事前投票により選出された"現行車"8車種からなる駒を進めるのは、プロ棋士の羽生善治名人豊島将之七段。二人の指し手にあわせて、各ドライバーチームが速やかな車の移動を競い合う。

TOYOTA「Real Car Shogi」 TOYOTA「Real Car Shogi」
(「飛車」カローラレビン/「角行」ランドクルーザー 40系 )

先手番・後手番を決める振り駒の担当を、球場という舞台にふさわしく、また将棋アマチュア三段の腕前を持ち、元トヨタ自動車社員でもある古田敦也氏に決定。
羽生善治名人の陣営の駒となる"過去の名車"は、「玉将」トヨペット クラウン「飛車」カローラレビン(AE86)「角行」ランドクルーザー(40系)「金将」プリウス(初代)「銀将」アルテッツァ「桂馬」bB(初代)「香車」MR-S「歩兵」Vitz(初代)の8車種に決定。対戦相手の豊島将之七段の駒となる"現行車"8車種はイベント当日に発表。
それぞれの陣営で駒に見立てた車を移動させるドライバー5名のほか、速やかに移動できるように指揮を執る監督1名、確実な駒運びをサポートするプロ棋士1名の計7名からなるドライバーチームを結成。持ち時間は車の移動時間も含む為、より効率的な移動が競われる。
羽生陣営 監督・ドライバーは、早稲田大学自動車部チーム/サポート棋士長岡裕也五段。
豊島陣営 監督・ドライバーは、トヨタ自動車精鋭テストドライバーチーム/サポート棋士船江恒平五段。

将棋界、自動車業界、スポーツ界から集結した出演者は、糸谷哲郎竜王、森内俊之九段、中村太地六段、青野照市専務理事、脇阪寿一、中嶋一貴、ピストン西沢、小林和久(clicccar.com編集長)、古田敦也、テリー伊藤、小藪千豊、伊藤かりん(乃木坂46)、岡本信彦。
大盤解説は、木村一基八段、佐藤康光九段、豊川孝弘七段、香川愛生女流王将、中村桃子女流初段、山口恵梨子女流初段、室谷由紀女流初段。
司会は、永田実、扇一平。

トヨタ自動車株式会社 公式HP
http://toyota.jp/