オフロードを走るときには数えきれないほどのハプニングが起こり得るものだ。例えば、動けなくなったクルマを助けにきたクルマが壊れてしまい、2台の壊れたトラックを前に「どうやって助けを呼ぼう?」と途方に暮れてしまうこともある。今回ご紹介するのは、フォード「レンジャー」に乗るドライバーが引き起こしたハプニングの映像だ。牽引ストラップを用いたシンプルな方法なのに、何だかおかしなことになってしまったようだ。

わずか1分6秒のWTF("なんてこった!")な映像だが、思わず吹き出してしまう見事なコメントや、ドライバーの気の毒でちょっと間抜けな姿も手伝って、何度も楽しめてしまう(筆者は4回も見てしまった)。まるで、コメディ映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』の1シーンのようだが、ケガ人も出ていないようなので何よりだ。とにかくクルマで外出した先でのハプニングには気を付けたいもの。特に、人のいいおっちょこちょいな友人と一緒の時はなおさらだ。

一見の価値がある映像だが、最後に流れる関連映像の宣伝部分で一部不適切な言葉があるので、視聴の際はご注意を。




By: Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】牽引ストラップの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!