SUBARU Japan New Car Assessment Program

富士重工業株式会社は、スバル独自の運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を搭載するインプレッサSUBARU XVが国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにて、評価点で満点を獲得し最高評価であるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定。
SUBARU Japan New Car Assessment Program

予防安全性能アセスメントの評価点は40点満点で、衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)【対車両】と車線逸脱警報装置(LDWS)の試験を行い、2点以上の場合には「先進安全車(ASV)」、12点以上の場合は「先進安全車プラス(ASV+)」として選定される。インプレッサ、SUBARU XVは40点満点で「ASV+」に選定。

SUBARU Japan New Car Assessment Program

スバル車は「アイサイト(ver.3)」搭載車のレヴォーグ/WRX S4レガシィ アウトバック/B4が40点。「アイサイト(ver.2)」搭載車のフォレスターは39.9点、SUBARU XV HYBRIDは39.3点と、その他車種でも「ASV+」に選定。これまで評価を実施したすべてのアイサイト搭載車種で「ASV+」に選定され、アイサイトの予防安全性能の高さが実証された。

富士重工業は、ブランドステートメントである"Confidence in Motion"を通じ、スバルならでわの「安心と愉しさ」の提案を掲げ、この「安心と愉しさ」を支える重要な要素である「安全」を、ALL-AROUND SAFETY の考え方の基、アクティブセーフティパッシブセーフティプリクラッシュセーフティの各技術進化により実現していく。

富士重工業株式会社 SUBARU公式HP
http://www.subaru.jp/