【ビデオ】フォードが発表直前の「フォーカスRS」のティーザー映像を公開
フォードは、2月3日に発表を予定している新型ホットハッチ「フォーカスRS」のティーザー映像をリリースした。ドライとウェット、両コンディションの路上において力強くドリフトする姿が収められている。

短い映像で見ることができるフォーカスRSは、フロントノーズがさらにアグレッシブになっているようだが、その辺は特に入念なカモフラージュによって隠されており、残念ながらどのような形状をしているのか、はっきりとは分からない。噂によれば、新型「マスタング」にも採用されている2.3リッター4気筒ターボ「エコブースト」エンジンを搭載し、その最高出力は325hpから350hpの間にチューンされているという。また、採用が予想されるトルクベクタリング機能を持つ4輪駆動システムはトルクステアの発生を抑制し、テスト車両の大型化したブレーキから制動力の向上もうかがえる。

フォーカスRSは、フォード・パフォーマンス部門が「2020年までに開発する12車種以上の高性能車」のうちの1台で、世界市場に投入が予定されている。しかし、米国仕様モデルはヨーロッパから輸入される可能性が高いため、販売台数は少ないと思われる。価格も3万ドル(約360万円)超になるだろう。

全貌が明らかになる正式発表まで、あとわずか数日。まずは期待が膨らむ走行シーンを、ビデオで楽しんでもらいたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォーカスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!