ダイハツは、2015年1月19日に、大阪府池田市ダイハツ町1-1にある史料展示館「Humobility World」をリニューアルオープンした。

「Humobility World」は、ダイハツの本社に隣接した場所に、2007年5月にダイハツ創立100周年の記念事業の一環として作られた資料館だ。
Related Gallery:Daihatsu Humobility World


今回のリニューアルに際し、従来の「人・家族に優しい」「地球に優しい」クルマづくりから、「くらしを考える、軽を考える」にテーマを変更して、体験型展示を中心に、"楽しみながら学び、体験・発見できる施設"として生まれ変わった。



また、2015年3月31日(予定)まで、写真の新型コペンの展示の他、リニューアルオープン記念特別企画展として、1970年型「フェロー・バギィ」と2014年「コペン エクスプレイ」が時代を超えてくらしを楽しくするクルマたちというタイトルで特別展示されている。

なお、開館時間は9~17時で、一般の見学は、土曜日のみだ。また、事前に公式HPで申し込む必要がある(祝日等も休館のため、開館日については、予約の際に確認して欲しい)。ちなみに、入場料は無料。

2014年で最も売れた新車は軽自動車のダイハツ「タント」であったが、新車販売台数上位10位までに7台軽自動車がランクインするなど、日本の重要な足として軽自動車は成長していることは間違いない。

この機会に、日本のカーライフとして欠かせない軽自動車の変遷をHumobility Worldで体験するのも良いだろう。

Humobility World 公式HP
http://kengaku.daihatsu.co.jp/

【PR】軽自動車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!