メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ「GLクラス」の追加モデルとして「GL 350 BlueTEC 4MATIC」を発表し、2015年1月22日より注文の受付を開始した。

GLクラスは、大人7名がゆったりと乗車できるゆとりあるボディサイズに、オンロード/オフロードを問わない優れた走行性能を備えた、上質で高いプレステージを持つ"ファーストクラスSUV"として位置づけられるモデルだ。
Related Gallery:2015 Merceds-benz GL350


今回追加となるGL 350 BlueTEC 4MATICには、力強い動力性能と高い環境適合性が定評の3.0リッターV型6気筒BlueTECエンジンが搭載される。

このエンジンは、ピエゾインジェクターを用いたコモンレールダイレクトインジェクションや電子制御式可変ターボチャージャーなどの先進テクノロジーにより、最高出力258PSとともに、最大620Nmもの強大なトルクを発生し、大型SUVモデルに相応しい力強い動力性能と優れた燃費経済性を持ったパワーユニットだ。

また、排出ガスに尿素水溶液"AdBlue(アドブルー)"を噴射して化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システムBlueTECを採用しているので、世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現している。(ちなみに、既にBlueTECは、E・M・Gクラスでも採用されている)

写真は、給油口の隣に設定されている専用の尿素水溶液を投入する口だ。尿素を投入することで有害物質が無害になるとは驚きだ。


GL 350 BlueTEC 4MATICには、現行GLクラスのラインアップで設定のなかった右ハンドルを採用、さらに先進のミリ波レーダーとカメラによる安全運転支援システムをはじめとする充実した装備を備えながら、1,000万円(税込)と価格も抑えられている。

GLクラスは、最高1,800万円のモデルが設定される高級SUVであるが、今回のモデルが投入されたことで、だいぶ敷居が低くなった。(そうはいっても充分高価格であるが)

クリーンディーゼルは、燃料価格が安い軽油が使える点で、経済性を求めるユーザーに好評だ。まだ投入されていないが、コンパクトなクラスにもクリーンで経済的なディーゼルモデルの展開を期待したい。

メルセデス・ベンツ日本公式HP
http://www.mercedes-benz.co.jp/

【PR】メルセデスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!