Related Gallery:Jaguar Land Rover Bike Sense

最近の自動車に搭載される先進安全機能は、乗員だけでなく歩行者を事故から守るものもある。ジャガー・ランドローバーはさらに一歩進んで、車両の周囲を走行している自転車やオートバイとの事故を未然に防ぐ安全技術「バイク・センス」のプレゼンテーション映像を公開した。

現在試験中の最新安全技術であるこのバイク・センスは、車両に取り付けられたセンサーが近くを走る二輪車をオートバイか自転車であるか認識し、それに応じた警告を運転者に発する。映像では、同システムを搭載したジャガー「XJ」に、背後の死角から自転車が接近。その際、座席上部の左右いずれかが振動して運転者の肩を"トントン"とたたくような刺激を与える。すると、運転者は振動を感じた方向を振り返り、目視で確認するというわけだ。また、自転車が通過する際は室内に取り付けられたLED照明が、通過する方向のライトを黄色から赤色に変化させて注意を促してくれる。

さらに、このシステムは二輪車の接近を感知すると、自転車のベル音やオートバイのホーン音を車内に鳴らす機能もある。それでも運転者がアクセルペダルを踏み続ければ、ペダルを振動させたり、重くしたりして警告する。また、降車時にドアの開閉が走行中の車両の妨げになりそうな場合には、ドアハンドルのライトが点灯してアラーム音が鳴るとともに振動も加わって、ドアを開けようとしている人に危険が迫っていることを知らせる。

こうした警告は、少々わずらわしいのではと不安に思うかもしれない。だが、ジャガー・ランドローバーの説明によれば、バイク・センスは自転車、オートバイ、歩行者が大勢いる混雑した都市部では最も身近な危険を優先的に判断するように設計されているので、頻繁にライトが光ったり警告音が鳴ったりする心配はないようだ。

このバイク・センスは、現在ジャガー・ランドローバーが開発している数々の新技術「トランスパレント・ボンネット・システム」、「セルフラーニング・インテリジェントカー・システム」、「バーチャル・ワイドスクリーン」、「360度バーチャル・アーバン・ウインドスクリーン」等と共に、今後の実用化が期待される。それでは、説明よりきっと分かりやすい、ビデオでその機能をご覧いただこう。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ジャガーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!