Tokyo Auto Salon2015 ENDLESS

国内大手の自動車チューニングパーツメーカー、株式会社エンドレスアドバンス。エンドレスでは、スポーツ走行などでブレーキをハードに使うユーザーが多い為、より高性能なブレーキが求められるそうだ。
ブレーキは、キャリパーやブレーキローターで性能が左右される。多くのユーザーにより良いブレーキ部品を提供できる様に、製品の種類を増やすという対策を行っている。

Related Gallery:Tokyo Auto Salon2015 ENDLESS

Tokyo Auto Salon2015 ENDLESS

エンドレスの新製品は、春先発売予定の「新型モノブロックキャリパー」。
ブレーキキャリパーの種類は色々あるが、モノブロックキャリパ一は二つに分かれているキャリパーとは違い、ひとつにすることで軽量化、高剛性ボディとなり性能が上がったのだ。新製品のモノブロックキャリパーは、街乗りからスポーツ走行まで一般ユーザー向けに造られているのでサイズは小さめ。キャリパーのような部品は高価格だが、今回は低価格に設定できる様コストを調整中。
開発も最終段階まで進んでいるそうだ。

Tokyo Auto Salon2015 ENDLESS Tokyo Auto Salon2015 ENDLESS

その他、開発中の「セラミックカーボンブレーキローター」は注目の製品だ。
今のブレーキは鉄でできている為、重さがある。そこで、カーボン部分にシリコンなどを混ぜた素材を使うことで、半分まではいかないが軽量化を可能にした。重いブレーキよりも軽いブレーキの方がメリットが増える。だからこそ大幅に軽量化したこの製品は、多くのユーザーに求められるのではないか。
今シーズンに発売予定だが、量産体制が整っていない為まだ発売未定。
開発は進み、走行テストも終わっているようなので発売は時間の問題だろう。
しかし、一枚数十万円する高価格設定なのでユーザー層は限られてくるのでは...。
高性能な製品を探している方は是非検討してみては?

株式会社エンドレスプロジェクト 公式HP
http://www.endless-sport.co.jp/