スバル、2015年の世界での販売は過去最高の94万台を計画
近年の米国市場におけるスバルの成長は目覚ましい。2012年の33万6,441台から2014年の51万3,693台へと販売台数を伸ばし、自社の販売計画を優に超えた。前年比21%の伸びを見せた米国は、スバルにとって最大の成長市場だ。同社は、2015年もその勢いは衰えることなく、さらに数字を伸ばすと見ている。

実際、北米市場はスバルの将来に大きく貢献する予定だ。同社の2015年生産・販売計画によると、日本国内での販売計画は前年比8%減の15万6,000台に留まる一方、米国での販売計画は前年からさらに5%増の54万台を計画。カナダもこれに加勢し、前年比7%増の4万5,000台を計画する。結果、2015年の販売計画は過去最高の94万台となり、その約62%を北米市場が占める計算だ。

高まる需要に応えるため、スバルは2015年の生産計画を全世界で92万台に引き上げる予定で、これは過去最高の数字だ。さらに、「レガシィ」、「アウトバック」の販売に対応するため、北米の生産拠点であるインディアナ州のスバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)の工場では、1万8,000台の生産能力増強を追加し、2016年末までに32万8,000台の生産を計画する。今年のスバルもさらなる成長を遂げそうだ。詳しい生産・販売計画については公式サイトの資料(日本語)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】スバルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!