【ビデオ】83歳の父親にサプライズで1949年製ピックアップトラックをレストア!
先月のクリスマス、あなたは大切な人に何を贈ったのだろうか。Autoblogではこれまで、父親に息子がクルマをプレゼントするというエピソードを何度かご紹介して来た。異国に住む他人であっても、そこは同じクルマ好き同士ということで気持ちは分かるから、思い入れのあるクルマをプレゼントされて喜ぶ顔を見るのは我々にとっても気持ちがいいものだ。今回もまた、そんな感動の場面を収めた動画をご覧いただこう。

米インディアナ州ラッシュビルに住む83歳のノーマン・ミール氏は引退した農夫だ。息子のカイルがクリスマスのプレゼントを渡そうとガレージに呼び出したのだが、彼は足もとばかり探して気付かない。カイルに教えられ、ようやくリボンのついたサテンブラックのピックアップトラックが停まっているのを発見した。ただし、これは今まで何度かご紹介したような、"子供が親に夢のクルマをプレゼントした"という話ではない。そこにあった1949年製のGMCは、ノーマンさんが最初に乗っていたトラックをレストアしたものだったのだ。

地元テレビ局の『Fox 59 WXIN』によると、このGMCトラックはノーマンさんの父親が1949年に新車で購入し、それを1950年代中頃にノーマンさんが農場で使うために買い取ったという。しかし、これまで13年間ほど、このトラックはカイルの友人のガレージの中で朽ちたまま放置されていたそうだ。

カイルは父親へのプレゼントにするため、このピックアップトラックをレストアショップに持っていき、再び走れる状態にした。ほぼ全ての部品を交換することになったが、ホーンだけは元のままだ。父親がこのGMCを受け取ったときの様子を、カイルが撮影していた。早速、心温まるビデオで、親子がドライブに出かける様子を見てみよう。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】GMCの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!