Tokyo Auto Salon2015 WALD

ホイールメーカーWALDのブースには、カスタムされた高級車が並び多くの来場者の目を引いた。
ボディ、ホイールともにマットブラックで展示されていたのはマセラティ「ギブリ」。マセラティをカスタムするのは今回で2回目だが、オートサロン用にカスタムしたマセラティ ギブリは今年ヒットするだろうと予想し輸入者入門の提案としてカスタムしたそうだ。

Related Gallery:Tokyo Auto Salon2015 WALD

Tokyo Auto Salon2015 WALD

東京オートサロンに向けて造られた新作ホイールは「BALCAS」。
マセラティ ギブリにもBALCASのホイールを装備していたが、大口径の螺旋形状のデザインが斬新でインパクトが大きい。カラーホイールも同時に取り扱っており、新色のレッドはさらにインパクトがある。
カラーリングのバリエーション展開は未定だが、鋭い直線と滑らかに伸びるスポークの融合はカラーの組み合わせによって表情を変えるデザインだ。
アッパークラスのサルーンクーペSUVに装着可能な22インチと20インチを設定。
「BALCAS」の販売はもう少し先の様だが、カラーバリエーションの展開が気になるところ。
カスタム好きには待ち遠しい一品だろう。

Tokyo Auto Salon2015 WALD Tokyo Auto Salon2015 WALD

しかし、ボディにもホイールにも会場全体を見てもマットカラーが多い。
WALDが扱うホイールにもスタンダードのラインで設定している程マットブラックは人気が高い。
まだまだマットカラーの人気は高いようだ。

株式会社ヴァルド 公式HP
http://www.wald.co.jp/