【北米国際自動車ショー2015】フォード、ビュイック、アウディがデザイン賞に輝く!
Related Gallery:2015 EyesOn Design Detroit Auto Show Winners

その年の北米国際自動車ショーでデビューした新型市販車とコンセプトカーの中から、最も優れたデザインを選び表彰する「アイズ・オン・デザイン・アワード」の発表が行われた。2015年の審査員には、マクラーレンのフランク・ステファンソン氏、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の商品デザイン担当上級副社長ラルフ・ギレス氏、そしてフォードのデザイン担当グループ副社長モレー・カラム氏など、錚々たるメンバーが揃った。

まず、新型市販車から選ばれるベスト・プロダクションカー賞は、アキュラ「NSX」メルセデス・ベンツ「GLEクラス クーペ」を抑え、米Autoblogの編集者たちからも1位に選ばれたフォード GT」が受賞した。審査員はフォードによるデザインについて、「オリジナルのGT40を見事に現代的な解釈で表現している」と称賛した。

コンセプトカーの中からはビュイック「アヴニール」が、シボレー「ボルト」メルセデス・ベンツ「F015」を抑えてベスト・コンセプトカー賞に輝いた。さらに同車は、カラーリングや素材などの使い方を評価するイノベイティブ・ユーズ・オブ・カラー&グラフィックス&マテリアルズ賞も合わせて受賞し、こちらは共に候補に残ったアウディ「Q7」、メルセデス・ベンツ「F015」、フォルクスワーゲン「クロスクーペGTE」の中から選ばれている。ベスト・インテリア賞は、アヴニールやインフィニティ「Q60」を下し、アウディ「Q7」が受賞した。

なお、個人のキャリアを通しての業績を称えるライフタイム・デザイン・アチーブメント賞は、元ルノーのデザイナー、パトリック・ル・ケモン氏が受賞。また、デザイナー・カタリスト賞には、GM副社長のボブ・ラッツ氏が選ばれた。同氏の受賞は今回で2度目であるが、主催側のコメントによるとこの賞は「優れたデザインを引き出す力のある」重役に与えられるそうで、その点でラッツ氏こそ相応しい受賞者だといえる。

各賞の受賞結果と、詳しいコメントはプレスリリース(英語)で確認して頂きたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】デザイン賞受賞車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!