NISSAN Bathurst 12 Hohr race 2015

2015年1月20日、日産自動車株式会社はオーストラリアのマウントパノラマサーキットで開催される2015年バサースト12時間レース(2月6日~2月8日)に「ニスモアスリートグローバルチーム」が今年も参戦することを発表した。出場車両は「#35 NISSAN GT-R NISMO GT3」。
ドライバーは、昨年も出場したアレックス・バンコム千代勝正、ウォルフガング・ライプの3名。
「ニスモアスリートグローバルチーム」は、2013年にマレーシアで行われたマレーシア・メルデカ耐久レース「セパン12時間」の出場で新たに結成。

NISSAN Bathurst 12 Hohr race 2015

バサースト12時間レースは、日産の2015年モータースポーツプログラムにおいて最初のビッグイベント。2014年のNISSAN GT-Rでのバサースト12時間参戦は、マーク・スカイフとジム・リチャードが1991年と1992年のバサースト1000に連続優勝して以来、22年ぶりのファクトリーエントリー。

バンコムは、日産のGT3プログラムに最も長く貢献しているニスモアスリートで、ニッサンGTアカデミーのトレーナーも担当。オーストラリアのV8スーパーカーチームから昨年秋のバサースト1000に出場している為、この12ヶ月で3度目のバサーストチャレンジとなる。

千代は、昨年はニスモグローバルドライバーエクスチェンジプログラムでヨーロッパをベースとしたブランパン耐久シリーズにニッサンGTアカデミー・チームRJNからシリーズ参戦を果たし、多くの経験を積んで再びマウントパノラマサーキットに戻ってくる。ニュルブルクリンク24時間レース、スパ24時間、バサースト12時間やマカオGTカップなど主要なGTレースにNISSAN GT-R NISMO GT3で出場。2011年には、日本のフォーミュラ3 Nクラスタイトルを獲得。

2012年のニッサンGTアカデミー・ヨーロッパの勝者であるライプは、今年レースキャリア3年目を迎え、3年前までモータースポーツ経験ゼロだったにも関わらず、ライプの経歴にはルマン初の電気だけでの周回や、ホームサーキットであるスパ・フランコルシャンで開催された英国GT選手権で2位に入ったことも記載している。

ニスモアスリートグローバルチームとGT-Rはバサースト12時間初挑戦にも関わらず、イベントを通じて実力とスピードを発揮し予選で5番手につけた。しかし、59周目にマクフィラミーパークで発生したアクシデントでマシンはダメージを受け3時間でレースから撤退した。


日産自動車株式会社 公式HP
http://www.nissan.co.jp/