1958年当時の仕様そのままに復刻された「リスター・ジャガー」が限定発売!
Related Gallery:Lister Knobbly continuation #1

1950年代にレーシングカー・コンストラクターとして名を馳せた、英スポーツカー・メーカーのリスターが復活に向けて動き出したとお伝えしてから早1年以上。リスター・モーター・カンパニーとして生まれ変わった同社が、マッスルなボディ形状から"ノブリー(凸凹した)"という名で知られる往年の名車「リスター・ジャガー」の復刻モデルを、英バーミンガムで開催されていたオートスポーツ・インターナショナル 2015で発表した。

リスター創業から60周年を記念して発表されたこの復刻モデルは、先月亡くなられた創業者のブライアン・リスター氏が描いた当時の図面と治具を用いて、1958年のオリジナルと同じ仕様で製造されるという。ボディはもちろん当時と同じくアルミニウム製で、エンジンは"リスター・ジャガー"という名前の由来となった330hpを発揮するジャガー「Dタイプ」の3.8リッター直列6気筒を搭載。FIAの規定に沿っており、ヒストリックカー・レースに出場できるが、0-60mph(約96.6km/h)加速4.3秒、最高速度181mph(約291km/h)というパフォーマンスは、現代のスポーツカーと比べても遜色ない。

この復刻モデルは限定生産で、予定されている10台は既に受注済みとのことだが、同社は3つの"ファイナル・エディション"の追加投入を検討しているとプレスリリース(英文)の中で発表している。なお、価格は「お問い合わせを」とのこと。詳しい情報は公式サイトをご覧いただくとして、まずは半世紀を超える時を経て再び作られたレーシング・スポーツの姿を、ギャラリーの写真でお楽しみいただきたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「リスター・ジャガー」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!