【ビデオ】ディズニーが開発した、砂浜に絵を描くバギー型ロボット「ビーチボット」
ロボット工学は年々めざましい発達を遂げている。その活躍の場は砂浜にまでおよび、こんな可愛らしいロボットまで誕生させた。今回は、砂浜に見事な絵を描く「Beachbot(ビーチボット)」をご紹介しよう。

カメを模した愛らしいボディのビーチボットを開発したのは、ディズニーの研究機関であるディズニー・リサーチとスイス連邦工科大学チューリヒ校の自律システムラボだ。リモコンを使ったマニュアル操作とプログラミングによる自律走行の両方が可能で、特殊なバルーンタイヤによってどんな模様も描けるという。マニュアル操作の場合、コマンドを送信すると本体に取り付けられたレーキ(熊手)が降下して砂の上にラインを引くことができ、自立走行ではビーチに立てた数本の白いポールで現在位置を確認しながら、ポール内を自走してラインを描く仕組みとなっている。

ディズニーの研究チームのリーダーは、「新たなアート作品を創造するアーティスト・ロボットを作りたかった」と取材に答えている。ビーチボットが最も得意とするのは曲線を描くことで、レーザースキャナと慣性センサーが角度を正しく認識し、レーキの7本の"つめ"を個別にコントロールすることにより線の太さも自由自在となる。現段階で最大10m四方の線描が可能だが、将来的には数kmの範囲に及ぶ絵を描けるようにして、ナスカの地上絵に匹敵する線画に挑戦したいという。

ビーチボットは確かに素晴らしい発明だが、我々ならランドローバーの「ディフェンダー」でサンド・ドローイングを試してみたい。それではビデオをクリックして、ビーチボットが実際に絵を描く様子をご覧いただこう。きっとあなたも、子供の頃に"自分で"砂浜にこんな絵を描いてみたかったと思うことだろう...。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ビーチボットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!