【レポート】アキュラが新型「NSX-R」を早くも計画中?
Related Gallery:2016 Acura NSX

ホンダが北米で展開する高級車ブランドのアキュラは、1月12日に開幕した北米国際自動車ショー 2015で待望の新型「NSX」の市販モデルを発表したばかりだが、さらにホットなバージョンが登場するのではないかという噂が早くも囁かれている。

北米国際自動車ショーの会場で、英自動車情報メディア『Auto Express』がNSXの開発責任者テッド・クラウス氏に、将来タイプRが追加される可能性について質問したところ、同氏は「クルマを愛する皆さんは、"赤い"バージョンが見たいのだろうと私は思っています。NSXはいつも"シルバー"が先に発表され、その後にレッドが続きます。いつになったら満足するのか、とよく質問されますが、決して満足することなどありません。今日成し遂げたことは、明日さらに改善できるのですから」と話している。

"明日"というのはもちろん実際の翌日のことではないが、NSX開発チームの向上心が、米国で生産される日本メーカーのスーパーカーをシャープに研ぎ澄まし、クラウス氏がライバルだと認めるフェラーリ「458」アウディ「R8 V10」ポルシェ「911ターボ」といったモデルに対抗させることだろう。

なお、初代NSXの時には発売から2年後に、車両重量が120kg軽量化され、固められたサスペンションと、そして公式に認められているわけではないが出力も向上したと思われているエンジンを持つ「NSX タイプR」が登場している。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】NSX タイプRの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!