【北米国際自動車ショー2015】米Autoblog編集者が選ぶ、このショーでデビューしたクルマのベスト5!
1月12日に開幕した北米国際自動車ショー 2015は、驚くほど明るい雰囲気に満ちていた。流行が続くクロスオーバーやSUVに、実用性が増した電気自動車の台頭、そしてハイパフォーマンスなクルマも数多く登場した。その中から恒例の"エディターズ・チョイス"、米国版Autoblog編集者が選んだベスト5をご紹介しよう。

第5位 ヒュンダイ「HCD-15 サンタ クルーズ コンセプト」

Related Gallery:Hyundai Santa Cruz Concept: Detroit 2015

<BRANDON TURKUSのコメント>
私は、ヒュンダイの小型ピックアップトラックのコンセプト「サンタ クルーズ」にすっかり魅了されてしまった。もちろんその見た目も魅力的だが、何より、小型ピックアップトラックの市場に、また新たな大手メーカーが本格参入を果たす可能性が出てきたことに注目すべきだろう。市販化に期待大だ。


第4位 2016年型シボレー「Volt(ボルト)」

Related Gallery:2016 Chevrolet Volt: Detroit 2015

<JEREMY KORZENIEWSKIのコメント>
毎日の通勤などに使うならば、エコロジー派の筆者にとって、このレンジエクステンダーEV、シボレーVolt」の2016年モデルはとても説得力がある。以前、従来型のVoltに1週間、乗ったときの燃費は、平均して100MPG(42.5km/l)をゆうに超えてはいたが、この新型ではそれよりもさらに良くなっているに違いない。


第3位 シボレー「Bolt(ボルト)EV コンセプト
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Related Gallery:Chevrolet Bolt EV Concept: Detroit 2015

<GREG MIGLIOREのコメント>
3万ドル(約350万円)程度の手頃な価格で、200マイル(約322km)の距離を航続可能という点に、個人的に大変好奇心をそそられた。EVを主力にしていくというGMの力強いメッセージが感じられる上に、テスラBMWなどのEV推進派への宣戦布告にもなっただろう。


第2位 2016年型ホンダ(アキュラ)「NSX」

Related Gallery:2016 Acura NSX: Detroit 2015

<STEVEN EWINGのコメント>
3年前の同じデトロイトで最初のコンセプトカーが発表されて以来、NSXはモーターショーに何度か登場し、その度にどんどん興奮させられてきた。そしてついに、ついにその市販モデルがお披露目されたのだ。その仕上がり素晴らしくは、(ほとんど)非の打ちどころのない程だった。


第1位 フォード「GT コンセプト」

Related Gallery:Ford GT Concept: Detroit 2015

<JEREMY KORZENIEWSKIのコメント>
最高出力600hp以上のエコブースト・エンジンや、カーボン・ファイバー製のモノコック、それらを包む非常に見事なボディなど、このクルマのどこを取っても好きにならない理由は見当たらない。まさしく今回のショーで最高のクルマだ。


以上、各編集者が25点を持ち点に、10点を最高として採点した結果だ。上位5台それぞれの点数は、以下の通り。今回のショーを皆さんはどのように見るだろうか? コメント欄でぜひご意見を聞かせてほしい。

・フォード「GT コンセプト」 102点
・2016年型ホンダ(アキュラ)「NSX」 59点
・シボレー「Bolt(ボルト)EV コンセプト」 30点
・2016年型シボレー「Volt(ボルト)」 16点
・ヒュンダイ「HCD-15 サンタ クルーズ コンセプト」 15点

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー





【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!