【東京オートサロン2015】初出展のBMWは、ドアを跳ね上げた「i8」で来場者を魅了!
1月9日から11日まで千葉県幕張メッセで開催された東京オートサロン with NAPACに、今年はBMWも初出展。3台のみとはいえ、なかなか興味深いモデルを展示した。

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2015 BMW

BMW初の前輪駆動モデル「2シリーズ アクティブツアラー」については、これまでにお届けした発表会の記事や自動車ジャーナリストの今井優杏さんによる試乗記をご覧いただくとして、会場で大きな注目を集めていたのはやはり、新世代のプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」だった。

2014年に日本でもすでに発売されているのだが、街で見掛ける機会は極めて少ないし、少量生産の上に納車を待ちわびるオーナーが多いため、ショールームにもなかなか展示できないということで、今回の東京オートサロンに出展したという。いくつもの線を重ねる「レイヤリング」と呼ばれる手法でデザインされた未来的なボディが、場内を歩くクルマ好きの人々を惹き付けるだけでなく、さらに跳ね上げ式のシザー・ドアを開けて挑発的にインテリアをチラ見せされたら、思わず引き寄せられて中を覗いてしまう。そんな人が後を絶たなかった。



黒いレザーにブルーのアクセントが印象的なコクピットの背後には、最高出力231psを発生して後輪を駆動する1.5リッター直列3気筒ターボ・エンジンを搭載し、加えてフロントに積まれた131psの電気モーターが前輪を駆動するというハイブリッドの4輪駆動で、0-100km/h加速4.4秒というパフォーマンスと、欧州テスト・サイクルによる燃料消費率2.5L/100kmという環境性能を両立する。開けられたドアとボディの接合部には、車体を構成するカーボンファイバーが見える。

現行BMW車のラインアップに、乗ると素晴らしく楽しいクルマは数あれども、見るだけで最も興奮できるモデルといえば、やはりこのi8だろう。その横には、こちらも普段はなかなかお目に掛かれない、SUPER GTシリーズのGT300クラスに参戦するGT3マシン「Studie BMW Z4」も展示されていた。狭くても初出展としてのインパクトが十分に感じられるブースではあったが、来年は是非、BMW Mによる"純正チューンドカー"を並べるような、オートサロンらしい正攻法的な展示も期待したい。それでは今回も、自動車ジャーナリストの飯田裕子さんによるインタビュー映像をどうぞ。





■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2015 BMW

Related Gallery:2015 BMW i8 First Drive Photos