メルセデス・ベンツにとって今年は「SUVの年」になる! ツェッチェCEOが宣言
Related Gallery:2016 Mercedes-AMG GLE63 Coupe

ダイムラーAGのディーター・ツェッチェCEOは、米デトロイトで開催されている北米国際自動車ショーの開幕前日に行われたイベントで、メルセデス・ベンツにとって今年は「SUVの年」になるだろうと宣言した。それは、デトロイトで「メルセデスAMG GLE 63 クーペ」(上の写真)を含む「GLEクーペ」がデビューしたからだけではない。今年はさらにSUVのラインナップが広がるようだ。

まず、メルセデスは現在の「Mクラス」の後継として、"クーペ"ではない「GLEクラス」を新たに設定し、4月のNY国際オートショーで初披露する予定。デトロイトでデビューしたGLEクーペとは多くの部分を共有するようだが、プラグインハイブリッド(PHV)のモデルを用意すると見られている。

昨年11月のLAオートショーで、「S550 プラグインハイブリッド」を発表したメルセデスは、PHVモデルを他の主要クラスにも増やしていくようだ。今回のデトロイトでは「C350 プラグインハイブリッド」がデビューし、その他にも、GLEクラスやGLCクラス(GLKクラスの後継)にPHVのオプションが設定される予定となっている。

GLCクラスに関しては公式に発表時期がまだ明らかにされていないが、ラインアップ最大級のSUVとなるGLSクラス(現在のGLクラス)と共に、今年の後半にデビューする予定だという。似たような名称が多い上に慣れ親しんだ名前から変更があったりして少々ややこしいが、確かに今年はメルセデスにとって、「SUVの年」になりそうだ。


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2016 Mercedes-AMG GLE63 Coupe

Related Gallery:2016 Mercedes-AMG C63 Paris 2014 Photos

【PR】GLEクラスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!