【北米国際自動車ショー2015】メルセデス・ベンツの自動運転車のコンセプトは超未来的!
Related Gallery:Mercedes-Benz F 015 Luxury in Motion: Detroit 2015

つい先日お伝えしたように、メルセデス・ベンツは自動運転車のコンセプト「F 015 ラグジュアリー・イン・モーション」を国際家電見本市(CES)2015でお披露目した。そして今回、米デトロイトで現在開催中の北米国際自動車ショー2015にも同車を出展している。写真写りの悪いクルマというのは結構あって、「実物を見た方がいい」という声をよく聞くが、このF 015はまさにそれに当てはまるらしい。Autoblogのある編集者によると、名前や外観が奇妙なだけでなく、実物を見ると正真正銘すごいデザインのクルマであるようだ。

ボディは極端にエアロダイナミックな形状だが、巧みなディテールとスタイリングを特徴としている。ルーフに備わる小さな瘤や、シンプルで巨大なホイール、SFテレビドラマ『宇宙空母ギャラクティカ』に登場するサイロンコマンダーのようなラップアラウンド・テールライトなど、一見単純そうで実は見所の多いスタイリングとなっている。

高級感漂うキャビンもその見所の1つだ。移動するリビングルームのごとく、独立した4席のバケットシートは向かい合わせにすることも可能。ドアは90度まで観音開きに開くので乗り降りがしやすく、内装には上質なウッドとレザーが使用されている。6つのディスプレイ・スクリーンは、現在流行となっているジェスチャー操作やタッチセンサーが組み込まれており、メルセデスによれば"デジタルアリーナ"とも言うべき空間になるという。

この自動運転車の駆動系や操作システムについて、メルセデスは技術的な情報をあまり明らかにしておらず、単に電気モーターと燃料電池を搭載できるように設計したとだけ説明している。

それでは早速、このメルセデスのSF的ビジョンをギャラリーでご覧いただこう。もし近所でモーターショーが開催されるような機会があれば、この奇抜ですごいクルマをぜひ自分の目で確かめてほしい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mercedes-Benz F 015 Luxury in Motion: Detroit 2015

Related Gallery:Mercedes-Benz F 015 Luxury in Motion

【PR】自動運転車を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!