デンソーは、パソコン用メガネで人気のある"JINS"と共同開発したセンシングメガネを東京オートサロン2015 with NAPACに出展した。

このメガネ(アイウエア)は、JINSブランドを手がけるジェイアイエヌが発売を予定している、"自分を見る"をコンセプトに世界で初めて三点式眼電位センサーを搭載したセンシング・アイウエアである"JINS MEME(ジンズ・ミーム)"だ。
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2015 Denso


見た目は比較的オーソドックスなデザインで、特徴的な部分と言えば、テンプル(つる)の部分が少し太めになっているところぐらいであろうか。

一見するとハイテクメガネとは思えないようなシンプルなデザインは、アウディ「A6」をはじめ様々なプロダクトを手がけたSWデザインの和田智氏が手かけたものだ。普通のメガネとしてのたたずまいを保ちながらテクノロジーと機能性を融合したデザインに仕上がっている。

今までのメガネが外を見る機能が中心的な役割であったが、逆転の発想で、人間の五感の約9割を占める眼(視覚)が持つ膨大な情報量に着目し、自分を見るメガネとして約4年の歳月をかけて作られたのがこの"JINS MEME(ジンズ・ミーム)"なのだ。


メガネの鼻あてとブリッジ(山)付近にシルバーの部品が3つあるが、この部品が眼球の動きをセンシングする3点式眼電位センサー(特許出願中)だ。

上下左右の他、瞬き、斜め4方向の9つの動きをこのセンサーで確認することができる。

ドライブシーンでの活用としては、眠くなった際に眼の動きが変化するので、その動きを独自のアルゴリズムで解析し、ドライバー眠気の兆候を察知し、アラームを発令することができるとのことだ。


充電はUSBで可能で、1充電で約8時間の使用が可能。データーは、Bluetooth4.0 smart対応で、スマートフォンなどで受信し、様々なアプリで活用できる。

製品の発売は、2015年夏以降の予定で、デンソーはこのメガネに対応した車載器を企画中とのことだ。

PC用メガネというブームを引き起こした"JINS"が自動車用メガネなどという切り口で新たなブームを起こせるか注目していきたい。

デンソー公式HP
http://www.denso.co.jp/ja/

JINZ MEME公式HP
https://www.jins-jp.com/jinsmeme/

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2015 Denso

Related Gallery:CEATEC JAPAN 2013 DENSO

【PR】メガネの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!