TOYOTA MIRAI

トヨタ自動車株式会社は、1月15日午後3時に首相官邸にて政府への「MIRAI」納車式を実施したことを発表し、その様子を映した動画を公開。
新型燃料電池車「MIRAI」は、将来有力なエネルギーの一つでもある水素を空気中の酸素と科学反応させ自ら発電し走行する。自社開発の新型トヨタFCスタック高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッドを融合した「トヨタフューエルセルシステム」を採用し、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない変わりに水を排出。3分程度の充填で充分な走行距離約650km(JC08モード走行パターンによるトヨタ測定値)を得られるなどガソリンエンジン車と同等の利便性を備える。
1月15日に発売を開始し、その第一号車を安倍 晋三 内閣総理大臣が受け取り、経産省、国交省、環境省、内閣官房に1台ずつ納車された。
安倍 晋三 内閣総理大臣は「加速が良く静かなこのクルマに試乗し、水素社会の幕開けを実感しました」と述べた。



トヨタ自動車株式会社 公式HP
http://toyota.jp/