HONDA TACT

Hondaは、水冷・4ストロークエンジンを搭載した新型50ccスクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」を、それぞれ1月23日(金)に発売。

タクトの開発にあたり、手軽に扱え、力強く燃費性能に優れたエンジン搭載による高い機動性と経済性を備えた「ニュースタンダードスクーター」を目指した。

HONDA TACT

スタイリングは、「安心感」をテーマに、シンプルかつ落ち着いたフォルムで、張りのある大きな曲面を基調に、厚みのある立体的なデザイン、親しみやすいイメージを持たせた。
エンジンは、50ccスクーター「Dunk(ダンク)」用に新開発した水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccの「eSP(イーエスピー)」を搭載。燃費性能は、50ccスクータークラスで80km/L(30km/h定地走行テスト値)を実現。

HONDA TACT

アイドリングストップシステムは、エンジン始動時のバッテリー電圧を検知するシステムを採用、バッテリー電圧が低下している場合は、アイドリングストップ機能を停止し、バッテリー上がりの抑止に貢献。バッテリーが上がった場合でもキックにより始動可能なシステムも採用している。
バリエーションは、タクトと、タクトをベースに15mm低いシート高による良好な足着き性を確保した、タクト・ベーシックの2タイプを設定。

HONDA TACT HONDA TACT

国内販売計画台数は、45,000台。タクトの希望小売価格(消費税込み)は、172,800円、タクト・ベーシックの希望小売価格(消費税込み)は、159,840円。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/