VolksWagen 2015press conference
(フォルクスワーゲン グループ株式会社 庄司 茂社長 )

1月14日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(VGJ)は、2014年の活動実績の振り返り及び2015年の取り組みについて記者会見を行った。

VolksWagen 2015press conference
( Golf )
VolksWagen 2015press conference VolksWagen 2015press conference
( Polo )

昨年は12年ぶりに過去最高の販売実績を記録し、新型ゴルフ2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど好調な1年となったフォルクスワーゲン。その大きな要因として、2013年にフルモデルチェンジした「ゴルフ」の継続的な人気。2014年8月に女性へ向けての車として導入された新型「ポロ」の貢献があげられた。
数々の賞を受賞しているゴルフに続く人気車となっている新型ポロは、フォルクスワーゲン初の試みとして女性ユーザーをターゲットに展開。CMの効果もあり1人で販売店に来店する女性が増え、ボディカラーは「サンセットレッドメタリック」がポロ全体の4分の1を占める程となった。

2014年の実績は、輸入車初となる単月(3月)1万台を越える販売記録を達成。その他、2年連続年間販売台数67,438台(前年比+0.2%)と記録更新したことを含め、Das WeltAuto.(フォルクスワーゲン認定中古車)販売台数14,257台、15年連続ブランド別輸入車年間登録台数、ゴルフが27連続でモデル別輸入車年間登録台トップと合計4つのNo,1を獲得した。

VolksWagen 2015press conference VolksWagen 2015press conference
(フォルクスワーゲン フェスト2014)

またブランドコミュニケーション手法を見直し、マスメディア広告では日本のユーザーに親しみやすさを感じてもらう為に、日本人タレントやミュージシャンなどを起用。デジタルコンテンツでは、Facebookの強化、Twitterやスマートフォン用のサイトを立ち上げた他、キャラクターを使ってLINEスタンプを作るなどデジタルコンテンツにも力を入れ、新たな戦略でフォルクスワーゲンの魅力を伝えた。
さらに、6年ぶりとなる「フォルクスワーゲン フェスト2014」を富士スピードウェイで開催。フォルクスワーゲンフェスト2015では、走りを体感するサーキットエクスペリエンスなどの様々な体験プログラムを実施。
その他、星野リゾートなどとコラボ企画を実施し、ユーザーと直接コミュニケーションをとれる場をつくった。

VGJの体制強化は、愛知県豊橋市のテクニカルサービスセンターにて2交代制を開始。1993年に10万台規模で本格稼働したが、昨年グループ全体の年間整備台数が年間最大処理能力である10万台を超えた為、将来の販売台数増に備えて体制を強化。

VolksWagen 2015press conference
( パサート )

2015年の更なる飛躍に向け戦略を練ったフォルクスワーゲンは、年内に導入予定の新車を公開。
今年の中心車種となる第2四半期導入予定の「パサート」「パサート ヴァリアント」。フルモデルチェンジし、エコ性能だけではなくパワフルな走り、フォルクスワーゲンの上級グレードにふさわしい走りを実現。
庄司 茂社長は「今年は「パサート」「パサート ヴァリアント」で攻めます。上質で贅沢すぎない価格設定にし、新たなDセグメントのお手本になる車に仕上がった。」と語った。バリエーションとしては、現行モデルが1.4リッター TSIエンジンのみだったのに対し、PHEVを含め4つのエンジンバリエーションを採用。

VolksWagen 2015press conference VolksWagen 2015press conference
( トゥワレグ/ポロGTI )

その他、エクステリアの変更、安全装備もさらに充実させた「トゥワレグ」。2台目は「ポロGTI」。新型ポロに1.8Lのエンジンを搭載し、充実した安全装備快適性を備えた本格的なコンパクトホットハッチ。両車とも2月に発表予定だ。

そして、パワートレインのコンセプトを変更し年内にPHEV、ディーゼルなどの導入の他、6年ぶりにMT車をGTIなどのスポーツグレードに搭載導予定。MT搭載車は公表されなかったが、GTIのようなスポーツグレードと考えるとゴルフに搭載するのでは...。
パワートレインの拡大によって、環境にも優しく走りを楽しめる車をラインナップに加える予定。

2015年の具体的な活動としては、2014年に引き続き積極的にユーザーと接する機会を増やすそうだ。
昨年好評だった「フォルクスワーゲンフェスト」は、東日本のみの開催だったが今年は西日本での開催も予定している。
販売店に関しては、新規出店に比重を置き、現在9店舗しかないブランチ店を増やし(小規模商圏用)、今まで輸入車の販売店がない地方都市にもフォルクスワーゲンの正規販売店を10%増やす予定。

2014年は、基礎を固め今後の活動に対応できる環境づくりを強化してきたフォルクスワーゲン。
庄司 茂社長は「2015年は、その基礎の上にフォルクスワーゲンらしさを創造していく年。フォルクスワーゲン本来の良さをたくさんの方に知ってもらう1年にしたい。」と語った。

■フォルクスワーゲン 公式HP
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html