フォルクスワーゲンは、北米国際自動車ショー 2015で、北米市場向けの新しいデザインテイストのSUVコンセプトカーである「クロスクーペGTE」を世界初公開した。

同車は、プラグインハイブリッドシステムと4WDを採用した5人乗りのミッドサイズSUVだ。
Related Gallery:Detroit 2015 Volkswagen Cross Coupe GTE


搭載されるエンジンは、最高出力206kW/280ps、最大トルク350Nmを発生する直噴V6、3.6Lのガソリンで、さらにハイブリッドシステムの電気モーターが40kW/220Nmが1機、85kW/270Nmが1機の合計ツーモーターが搭載されている。

システムがフルパワーで発揮された場合、システムの最高出力は、265kW/360PSとなる。また、最高速度は209km/hとのことだ。


センタートンネル内には、エネルギー容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載され、32kmまでの距離であれば、電気モーターだけで走行することも可能だ。

昨年デトロイトで公開されたコンセプトカーの「クロスブルー」に続き、今回のクロスクーペGTEは、モジュラートランスバースマトリックス(MQB)に基づいたフォルクスワーゲンの新世代ミッドサイズSUVモデルシリーズをさらに進化させたクルマとなっている。

ちなみに、クロスブルーの生産型モデルは来年発表される予定となっているとのことだ。


インテリアは左右に伸びやかに広がるワイド感のある直線的なデザインに仕上げられており、シルバー加飾パーツも相まってクールな印象を受ける。

洗練されたツートンカラーのナッパレザーを採用したスポーツシートは、通気性とホールド性を高めたバケット形状となっており、実用性も抜かりない。

SUV市場が拡大し、そのデザインが多様化している中、この直線基調のインテリア、エクステリアが新鮮なフォルクスワーゲンのSUVシリーズが市場をどのように切り開いていくのか注目だ。


フォルクスワーゲン公式HP
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Detroit 2015 Volkswagen Cross Coupe GTE

Related Gallery:Volkswagen CrossBlue Concept Detroit 2013

【PR】SUVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!