Related Gallery:2015 Volvo S60 Cross Country: Detroit 2015

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボは12日に開幕した北米国際自動車ショーで「S60」セダンシリーズの新型車2台を公開した。

まず1台目は「S60クロスカントリー」。従来はワゴンタイプに用意されてきた車高の高いクロスカントリー仕様を、4ドアセダンのボディに設定したモデルとなっている。フェンダーやバンパーにプロテクタが付き、18または19インチ・ホイールを装着した足回りは65mm引き上げられている。全輪駆動のほか、欧州向けには前輪駆動モデルも設定されるそうだ。


Related Gallery:2015 Volvo S60 Inscription: Detroit 2015

2台目は、インテリアとエクステリアに上級な素材や装備を採用する「インスクリプション・プログラム」が設定された「S60インスクリプション」。レザー内装やウォルナットとシルクメタルのトリム、アンビエント・ライト、ムーンルーフ、19インチ・ホイール、キセノン・ヘッドライト等々を装備するだけでなく、中国で生産されているロングホイールベースの「S60L」をベースにしているため、後部座席の足元が3.4インチ(約86mm)広くなっている。パフォーマンスを追求した「ポールスター」モデルに対し、インスクリプションはエレガントなラグジュアリー・モデルという位置付けだ。

ボルボのブースでは、S60クロスカントリーとS60インスクリプションとともに、北米初公開となるオールロードモデルの新型「XC90」のスポーツパッケージ、「XC90 Rデザイン」も披露され、来場者の注目を集めていた。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Volvo S60 Cross Country: Detroit 2015

Related Gallery:2015 Volvo S60 Inscription: Detroit 2015

【PR】ボルボの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!