ジャガーは、同社初となる新型クロスオーバーSUVを「F-Pace」と名付け、2016年から販売開始すると発表した。

この名前は2人乗りスポーツカー「Fタイプ」と、ジャガー創立時の理念である"Grace, Pace and Space(優美さ、速さ、広さ)"にちなんで付けられたという。

ジャガーが、"パフォーマンス・クロスオーバー"と称するこのF-Paceは、2013年9月にフランクフルト・モーターショー発表されたコンセプトカー「C-X17」を市販化したモデルとなる。5名用の座席を持ち、車体には次世代アルミニウム製モノコック・アーキテクチャ「iQ[AI]」が採用されている。全輪駆動システムとオール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)テクノロジー、そして"先進的なサスペンション・システム"を搭載し、「あらゆる天候および路面状況においても信頼性と安全性を確保」するという。ちなみにASPCとは、ジャガーによれば「低速クルーズコントロールのように機能」して、「滑りやすいコンディションで、ドライバーがペダルを踏むことなく、最大限のトラクションを発揮し、同時に横滑りも防止」するとのこと。今年の中旬に投入予定の「XE R-Sport」でも採用される予定だ。

残念ながら、米デトロイトで現在開催中の北米国際自動車ショー 2015でF-Paceが披露される予定はないようだが、上のティーザー画像の他に、映像も公開されている。早速チェックして、今からこの名前に慣れ親しんでおこう。さらに詳しく知りたい方以下のリンクから公式サイト(日本語)をどうぞ。

ジャガー 公式サイト:「F-PACE」



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Jaguar C-X17 Concept: Frankfurt 2013 Photos

Related Gallery:Jaguar C-X17 Press Conference

【PR】ジャガーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!