Bike Matsui

バイク買取専門店『バイク王』を全国展開し、またバイク小売業・駐車場事業、パーツ販売・レンタルバイクなどバイクに特化した事業を広く進める株式会社バイク王&カンパニー(代表取締役社長:石川秋彦 本社:東京都港区)が1月13日、「ライダーのバイクライフの生涯パートナー」となるべく新プロジェクト『バイクライフパートナー55プロジェクト』を発足したことを発表。

記者発表会では、ジャイアンツやヤンキースで活躍した元プロ野球選手・松井秀喜氏が出席し、同プロジェクトのアドバイザーに就任したことと、1月16日(金)から放送がスタートする新テレビコマーシャル(CM)に出演したことを明らかにした。ユニフォームを脱いでもなお動向が注目される球界のレジェンドの登場とあって、会場にはテレビや新聞など多くの報道陣が押しかけたのは言うまでもない。

Bike Matsui Bike Matsui

完成したばかりのCMを会場で見た松井氏は、「スタッフの皆さんの努力のおかげで、実物よりかっこよく撮っていただいた」とニッコリ。「まだ太陽が出ていないときに家を出たのはいつ以来だったかな」と、撮影が早朝から行われ、たいへんだったことも付け加えた。

Related Gallery:bike matsui

バイクとのイメージがこれまでなかったことを指摘されると、「僕も最初は結びつかなかったのですが、これからチャンスがあれば乗ってみたいと思います。まずは免許をとるところからですね」と、バイクにも興味津々の様子。「もしバイクに乗るとしたら、どこで? 」という問いかけには「マンハッタンはブレーキばかりだと思いますので、ハドソン川沿いの高速などが走りやすいでしょうね」と、生活拠点を置くニューヨークでバイクデビューのイメージを頭に思い描いた。

Bike Matsui

また、会場では書き初めを披露し、書いた文字は「新」の一文字。筆を手にしたのはいつ以来か本人は覚えていないが、書道は昔から得意とのことで、「新年というのがありますし、新しいチャレンジをスタートしたいという思いもあります」と、「新」を書いた理由を説明した。

Bike Matsui Bike Matsui

加藤義博取締役会長によれば同社は昨年で創業から満20年を迎え、これまで『バイク王』というブランド名のもと、バイク買取事業を中心に展開し、創業当初はその珍しさからユーザーのニーズに沿ったサービスとして広く受け入れられ成長を続けてきたが、その一方で『バイク王』でバイクを売却した人がバイクに乗らなくなるという実態もあり、同社とは一度きりの付き合いになるという課題があるという。

このような背景から今後は、バイクに乗らなくなる人だけではなく、バイクに乗り続ける人との接点を増やしていく方針で、「バイクライフの生涯パートナー」としてユーザーに多面的なサポートを永続的に続け、ともに豊かなバイクライフを築いていきたいと考えている。

Bike Matsui Bike Matsui

そこで今回、ライダーたちのバイクライフがさらに充実するための取り組みとして『バイクライフパートナー55プロジェクト』をスタート。薄井祐二マーケティング戦略部門長によると、この新プロジェクトは「より良いバイク社会にするために必要な"5つ"の提案と取り組み」そして「バイク王が取り組む"5つ"の社内活動」を行っていくもので、その"5"と"5"をとったのと、アドバイザーとして参加する松井氏の現役時代の背番号"55"にちなんで"55(ゴーゴー)プロジェクト"と名付けられたという。

Bike Matsui

バイクは正しく乗れば安全な乗り物であるということを普及していくような活動。ライダーの平均年齢が上がり、若者にとってバイクが身近でないことをテーマに、若者にとってバイクが魅力的な存在になるには、どうしたらよいか? などといった課題を解決する活動を今後していく。

Bike Matsui Bike Matsui

松井氏のテレビCMともども、『バイクライフパートナー55プロジェクト』にも今後注目していきたい。