【ビデオ】アストンマーティン「ヴァンテージ GT3」のティーザー映像が公開!
アストンマーティンの「ヴァンテージ」シリーズは、まだ会社がフォード傘下にあった時代から10年近くに渡って作られ続けて来た。「DB9」よりは多少若いが、世代交代には充分な時期を迎えている。現在、新規開発となるプラットフォームにメルセデス-AMGから供給されるエンジンを載せた次世代モデルが準備中であるはずだ。しかし、その次期型に移行する前に、アストンマーティンは現行モデルのヴァンテージに最強バージョンを用意するという。

今回のティーザー・ビデオでデビューが予告されている「ヴァンテージ GT3」は、ラインナップ最上位の公道用市販車「V12ヴァンテージ S」と、競技用車両の「V12 ヴァンテージ GT3」との間を埋めるモデルになるらしい。GT3規定のレースカーを公道向けに仕立てたヴァンテージというのは、実は2013年に1度話題に上がっており、最近ではニュルブルクリンクでテスト走行している姿が目撃されている。おそらくお馴染みの6.0リッター自然吸気V12エンジンに、さらに改良を施したものが搭載されるだろう。2009年に登場した「V12 ヴァンテージ」の最高出力は510hp、その後継車であるV12 ヴァンテージ Sは565hpだから、GT3は600hpを超えるに違いない。

また、パワーアップ以外の改良も期待できる。例えば、より磨かれたエアロダイナミクスや、冷却系の性能向上、サスペンションやブレーキ、ボディのアップグレード、余分な装備が削られたスパルタンなコックピットなどだ。このヴァンテージ GT3は、今年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーで発表される予定。まだ2ヶ月近く先の話だが楽しみに待ちながら、まずはティーザー映像をご覧いただこう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー

Related Gallery:Aston Martin V12 Vantage S Press Conference

Related Gallery:2014 Aston Martin V12 Vantage S: First Drive Photos

【PR】ヴァンテージ GT3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!