SUZUKI Bandit 1250ABS

スズキ株式会社は、大型スポーツバイク「バンディット1250S ABS」を一部改良して1月15日より発売する。
「バンディット1250S ABS」は2000年に「バンディット1200」として発売以来、コンパクトな車体やトルクフルで扱いやすいエンジンなどで、大型スポーツバイクのロングセラーである。 今回の一部改良では、ハーフカウルの形状を変更し空気抵抗の低減を図ったことで、高速走行時の快適性を高めた。また、黒色のフレーム及びホイールを採用し、全体的に引き締まった印象とした。

Related Gallery:SUZUKI Bandit 1250ABS

■バンディット1250S ABS の主な改良点
コンパクトでシャープな造形のハーフカウル。サイドカウルをラジエーター側面まで延長した形状とし、空気抵抗の低減を図ったことで、高速走行時の快適性の向上。
フレームとホイールに合わせて、ハンドル固定部位にも黒色塗装を施し、ハンドルバーの色はマットシルバーに変更。

SUZUKI Bandit 1250ABS

車体色は、新採用の赤「キャンディダーリングレッド」のほか、黒「グラススパークルブラック」、白「パールグレッシャーホワイト」の3色を設定。

SUZUKI Bandit 1250ABS SUZUKI Bandit 1250ABS

『バンディト1250S ABS』のメーカー希望小売価格(消費税込み)は、1,112,400円。

■スズキ 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/