東京オートサロン 2015 with NAPAC、スズキは3月に発売が予定されている注目の「アルト ターボ RS」をさらにドレスアップしたモデルを展示。

先日ご紹介したプロトタイプとほぼ同じだが、東京オートサロンということで今回は真っ赤なOZ製17インチのアルミホイールとレカロシートが装着されていた。しかし、スズキの方にお訊きしたところ、これがそのまま市販モデルに採用される訳ではないらしい。「価格をできるだけ抑えたいので」とのことだった。



気になるトランスミッションについてはやはり固く口を閉ざし、「今はお話しできません」の一点張り。ただ、もし発売時にマニュアル・トランスミッションが用意されなかったとしても、要望が多ければ実現に向かう可能性もある、そうだ。東京オートサロンはそんなユーザーの声を届けるよい機会。MT派の人は是非、スズキの方に熱意を込めて伝えてみていただきたい。

ちなみに「RS」という名前は、「スイフト RS」に倣ったものであるそうだ。スイフトにはその上に「スイフトスポーツ」があることを考えれば、アルト ターボ RSの性格がどの辺りを狙ったものか、ご想像もつくだろう。



スズキのブースには他に、「ハスラー」をベースにした2台のカスタム仕様、バーベキューやキャンプを楽しむための"OUTDOOR STYLE"と、ロードバイクを積むスポーティな"ROADBIKE STYLE"が展示されている。カタログにないメタリック調のカラーが、ハスラーのワイルドなスタイルを引き立てていた。

それではAutoblogビデオ隊が撮影して来た、自動車ジャーナリストの飯田裕子さんによるインタビュー映像を是非、ご覧いただきたい。