東京オートサロン 2015 with NAPACのダイハツ・ブースには、噂されていた丸目の「コペン」が参考展示されていた。

とは言っても、今回の展示はまだモックアップ。すぐにでも市販化できると思っていたのだが、まだ微妙な調整が必要らしい。今年の後半には発売される予定だとか。「Robe」「XPLAY」と続いた現行コペンのバリエーションだが、第三のモデルに名前はまだないそうだ。



初代コペンを彷彿させる丸いヘッドライトと穏やかなデザインはやはり魅力的。ドアのキャラクター・ラインを見ればお分かりのように、コペン ローブ用の車体を使っているため、市販されたら"着せ替え"が可能になる。最初から予定されていたのではないかと思いたくなるほどの完成度ではあるが、昨年の東京モーターショーで「KOPEN future included」として展示されていた時期には、まだこのデザインは予定がなかったそうだ。



ダイハツ・ブースには、他にも様々なコペンのカスタム・モデルが展示されていた。

最後に自動車ジャーナリストの飯田裕子さんが、開発主査の藤下修氏にインタビューしたAutoblogオリジナル・ビデオを是非ご覧頂きたい。