Volkswagen AG

フォルクスワーゲンは、ラスベガスで現在開催中のコンシューマー エレクトロニクス ショー(CES2015)に「ゴルフRタッチ」を出展。様々な操作指令をハンドジェスチャーにより行える世界初のコンパクトカー「ゴルフRタッチ」は、遠くない将来における乗用車のあり方を提示。一方で、「コネクティド ゴルフ」は、今日利用できる数々のソリューションを示している。
例えば、「ゴルフRタッチ」に搭載されている「App Connect」(アップ コネクト)システムには、 「MirrorLinkTM」、「Android Auto」(Google)、「Car Play」(Apple)といった、それぞれ異なるスマートフォン インターフェイスが備わる。フォルクスワーゲンはこの「App Connect」を、 年内にも最新世代のインフォテイメント システムとともに、米国およびヨーロッパ市場で導入する予定。
フォルクスワーゲンが今回ラスベガスで公開した「ゴルフRタッチ」コンセプトは、人間のハンドジェスチャーを正確に翻訳して操作指示として受け止め、乗員はタッチスクリーンにも触れることなく、手の動きだけで、ディスプレーや他の機能をコントロールできる。例えば、フロントウインドーの方角に手先を振る動作でサンルーフが閉まる。同じ動作を逆方向で行うと、サンルーフが開く。シートの調整も、同様にスマートな方法で行うことができる。

Touch  Gestensteuerung

「コネクティド ゴルフ」とは、現在実現可能なもっとも効率的にネットワーク化されたクルマとして仕上た。インターフェイスの管理に新世代インフォテイメントシステム(MIB II)により、膨大な数のアプリ、スマートフォン、タブレット端末、およびスマートウォッチなどに対応することが可能。「コネクティド ゴルフ」には、他にも様々な新機能が採用されている。例えばナビゲーションシステムには、通勤路など使用頻度の高いルートを、ドライバーの指示なしに自動的に導き出す機能が追加。その時に、渋滞の可能性があればドライバーに警告し、流れのよりスムーズな別ルートを提案する。

Parking Guide

フォルクスワーゲンはまた、今回のCESにおいて、学習機能を搭載した「パークアシスト」の進化バージョンも公開した。このシステムを備えたクルマは、駐車スペースに向けて頻繁に辿られた車両の軌跡を読み込んでデータとして蓄積し、駐車を行うとき、その軌跡を半自動で再現。開発の次のステップにおいては、一連の駐車作業をリモートコントロールで行うことも可能になる。その場合、確保された駐車スペースをシステムが認識すれば、ドライバーはクルマから離れても、リモートコントロール デバイスやスマートフォンなどで確認しながら、駐車作業を完了させることが可能となる。

Touch  Gestensteuerung

CESでフォルクスワーゲンが発表した4つめの技術ハイライトは、将来の普及が見込まれる電気自動車の無接触充電(インダクティブ チャージング)をテーマにした「eゴルフ インテリジェント チャージ」。このモデルにはプラグもケーブルも必要なく、充電テーブルの上に乗るだけで自動的に充電が行なわれる。

■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html