伝説的名車の誕生50周年を記念して「50th アニバーサリー・シェルビー・コブラ 427S/C」発表!
シェルビー・アメリカンは、伝説的な名車として今も人気が高い「ACコブラ 427」の誕生から今年で50周年を迎えることを記念して、その復刻モデルの特別限定仕様車「50th アニバーサリー・シェルビー・コブラ 427S/C」を発表した。

Related Gallery:50th Anniversary Shelby Cobra 427

1960年代初頭、アメリカ人レーシング・ドライバーのキャロル・シェルビー氏と、イギリスの老舗自動車製造会社であるACカーズによるコラボレーションから誕生した「ACコブラ」は、今でも高い人気を誇る英米混血のライトウェイト・マッスルカーだ。60年代の終わりに両者の関係は終焉を迎え、同時にAC製コブラの生産も終了したが、現在ではフォード車ベースのチューンドカーで知られるシェルビー・アメリカン社によって、当時の仕様を受け継ぐ復刻モデルが「シェルビー・コブラ」として製造されている。



今回発表された「50th アニバーサリー・シェルビー・コブラ 427S/C」は、1960年代当時のコブラの中でも最強の「コブラ 427」が誕生してから、今年で50周年を迎えることを記念して50台のみが限定生産される特別仕様モデル。1965年1月1日に生産が始まったコブラ 427は、英ACカーズ製の車体に米フォード製のレース用427キュービック・インチ=7.0リッターV型8気筒"ビッグブロック"エンジンを搭載し、SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)などのレースで多くのドライバーに勝利をもたらした。「コブラ 427S/C」は、"S/C"=「セミ・コンペティション」の名前が意味する通り、フロント・ウインドスクリーンなどを装備してこのレース用マシンを公道用に仕立てたモデルだった。今では数千万円から1億円以上もの値が付くといわれているコブラ 427S/Cだが、近年ではシェルビー・アメリカン社が当時の仕様をベースに現代のパーツを用いて製造した復刻モデルが、シリアル・ナンバー「CSX4000」番台を受け継ぎ、"continuation model"(継続生産車)として販売されている。




50th アニバーサリー・モデルではこれをベースに、ゴールドに輝く50th アニバーサリーのエンブレムをボディ前後と両サイド、そしてステアリング・ホイール中央に装着。ハンドメイドされるアルミニウム製ボディは、ポリッシュド・アルミニウム仕上げ(ブラッシュ加工によるストライプの有無が選べる)またはガーズマン・ブルーにウィンブルドン・ホワイトのストライプが入った伝説的なワークスカラーの2タイプから選べるが、後者のカラーはより安価なファイバーグラス製ボディも設定される。シリアル・ナンバーはCSX4550からCSX4599が割り当てられるそうだ。ロゴ入りフロアマットや専用カバーが付いて、価格はアルミ・ボディが17万9,995ドル(約2,160万円)、ファイバーグラス製ボディは11万9,995ドル(約1,440万円)。ただしこの金額にドライブトレインは含まれない。お好きなものを別途注文または用意、ということになる。ちなみにキャロル・シェルビー・エンジン・カンパニー社による再生産427 FE型エンジンは、7.7リッター/550馬力という仕様で2万5,699.99ドル(約310万円)から、8.6リッター/750馬力の3万4,999ドル(約420万円)まで、各種販売されている。

実車は1月13日にアリゾナ州スコッツデールで開催されるバレット・ジャクソン・オークションで公開されると同時に受注開始となる予定。最も強い毒を持つ427の誕生から50周年という今年こそ、この機会に思い切って夢のコブラを手に入れてはいかが? 詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。

Shelby American Inc. : 50th Anniversary Shelby Cobra 427 S/C


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:50th Anniversary Shelby Cobra 427

Related Gallery:Kyosho 1/18 Shelby Cobra

【PR】シェルビー・コブラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!