米国で日産「リーフ」がシボレー「ボルト」を抜き、プラグインNo.1は秒読み?
Related Gallery:2013 Nissan Leaf Photos

米国で最も売れている"充電式自動車"は、シボレー「ボルト」日産「リーフ」。どちらも2010年末に発売されたが、プラグインハイブリット車であるボルトの人気が、純然たる電気自動車のリーフをすぐに上回った。その後の紆余曲折はあったものの、現在も累計販売台数はボルトが依然リードしている。ところが、2015年には両者の優劣が逆転しそうだ。

2010年11月~2014年11月までの累計販売台数は、ボルトの7万1,867台に対し、リーフは6万9,220台でその差はたった2,647台だ。しかも、ここ最近の月間販売台数を比較すると、リーフは2,500~2,700台/月で、一方のボルトは1,500~1,700台/月。ということは、2015年の1月か2月には、リーフが米国で一番人気のある充電式自動車になりそうだ。しかし、その2カ月間はクルマの販売が落ち込む時期なので、売れ行きによっては3月になるかもしれない。

もちろん、リーフがトップの座についたとしても、王者で居続けることはそう簡単ではない。2015年後半には、リーフを市場で打ちのめすべく、新型ボルトが発売される予定なのだ。問題は、シボレーが新型モデルの販売戦略をいかに上手くやってのけるかだ。2016年型ボルトは、再び充電式自動車の売り上げナンバー1の座を獲得できるだろうか?


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2013 Nissan Leaf Photos

Related Gallery:2011 Chevy Volt

【PR】リーフの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!