マツダは、2015年1月30日より、新型「キャロル」を発売することを発表した。

低燃費と手ごろな価格を特徴とする軽自動車キャロルは、今回の全面改良でシンプルかつスタイリッシュなデザインに一新するとともに、車両重量の軽量化と、パワートレインの効率改善を行い、JC08モード燃費37.0km/L(2WD CVT車)を実現している。

また、全車にコーナー走行での安全性を高めるDSC&TCSを、CVT車にはレーザーレーダーによる検知で、低速走行時の衝突回避、被害軽減をサポートするレーダーブレーキサポートを標準装備し、安全性能を強化している。
Related Gallery:2015 Mazda Carol


キャロルは、先日ご紹介したスズキアルト」のOEM車だ。スズキからOEMを受けて発売されてから6代目となる今回のモデルも、オリジナルのデザインではなく、アルトに準じたデザインが採用されている。

スマートさと目力を備えたフロントマスクとクールで存在感のあるバックスタイル、全高を低くし、フロントからリヤまで流れるようなサイドビューが個性的だ。

ちなみに、エクステリアでは、フロント、リア、ホイールキャップのエンブレムが違うところが、キャロルを見分けるポイントだ。

軽自動車の枠内でマツダの"魂動デザイン"を取り入れたバージョンも期待したいところだが、現在の販売台数ではそこまでの変更は厳しいということだろう。


デザイン性と機能性を両立させたクリーンな印象のインテリアは、こちらもアルトに準じている。オーソドックスなレイアウトながら、ホワイトを基調としたカラーリングと、角を丸めた柔らかいラインがシンプルで機能的だ。

なお、今回のモデルでは、室内長を2,040mmに145mm拡大、前後乗員距離を900mmに85mm拡大するなど、外観寸法を変えずに室内空間を広げている点は脱帽だ。


また、普通乗用車でも装着車の少ない、運転席シートヒーターをCVT車に標準装備、加えて助手席シートヒーターを4WD車に標準装備など、軽量化や燃費だけではない魅力的な装備が装着されているのも見逃せない。

ボディカラーは新色の「シフォンアイボリーメタリック」「ピュアレッド」を含む全7色を設定。また、価格は84.78~112.32万円(税込)で4グレードの設定となっている。

燃費だけではなく、安全性も向上し一新したキャロルは、買い換えるだけの価値があるだろう。

マツダ株式会社 公式HP
http://www.mazda.co.jp/

関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Mazda Carol

Related Gallery:2013 Gasoline-powered car ranking

【PR】キャロルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!