SUBARU Tokyo Auto Salon 2015

富士重工業株式会社は、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社(STI)と共同で、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC」に出展する。

スバルブースには、スバルのデザインコンセプトモデルである「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」や「SUBARU XV SPORT CONCEPT」、STIパフォーマンスチューニングモデルの「LEVORG S CONCEPT」など、スバルの新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを展示。
2015年のモータースポーツ参戦予定車として、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車である「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、SUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2015」の展示も行う。参戦予定車の詳細など来季モータースポーツ参戦体制については、1月9日のプレスカンファレンスにて発表。
スバルブースの様子は、「SUBARU-USTREAM」、ニコニコ動画にてライブ配信を行う。

LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT(参考出品車)は、新型レガシィB4のスタイリングをベースに、スポーツ性を高め、過去のレガシィBLITZENモデルのコンセプトを継承することで、スバルのフラッグシップセダンとしての個性を際立たせた。エクステリアは、外装色にBLITZENのイメージカラーである「プレミアムレッド」を設定。フロントは、ワイド&ローをテーマにBOXERエンジンをイメージしたデザインとし、ホイールやリヤスポイラーには力強い走りを彷彿とさせるデザインを採用。インテリアには、カーブキルトを施したベージュ色の革に、ボディカラーとコーディネートしたピアノブラックと赤ラインによるアクセントで引締めるなど、BLITZENが持つシンプルながら機能性を追求したデザインコンセプトモデル。

SUBARU XV SPORT CONCEPT(参考出品車)は、ヴィヴィッドなサンライズイエローのSUBARU XVの車高を下げ、イエローストライプを施したスポイラー類を装着することで、低い構えを強調しスポーティな印象を高めた。グリルやホイールをブラックアウト化することで、鮮やかなイエローとのコントラストを強めた。インテリアはブラック内装にボディ色に合わせたイエローステッチやラインを随所に織り込んだ。カジュアル&スポーティなSUBARU XVの世界観を広げたデザインコンセプトモデル。

LEVORG S CONCEPT(参考出品車)は、STIコンプリートカーの最高峰モデルである「S」シリーズのコンセプトを、スポーツツアラーであるレヴォーグで実現したTIパフォーマンスチューニングのコンセプトモデル。吸排気系を含めSTIで独自にチューニングすることで、圧倒的なパフォーマンスを発揮する2.0L水平対向直噴ターボ"DIT"エンジンに、6速マニュアルミッションを組み合わせました。フレキシブルタワーバーをはじめとするSTIオリジナルパーツを装着し、シャシー、ボディを強化し、直進安定性、コーナリング性能を高めた。

富士重工業株式会社 公式HP
http://www.subaru.jp/