Related Gallery:Daihatsu Copen Robe S

ダイハツは12月24日、軽オープンスポーツカー「コペン」の上級グレードとして、"SPORT"を意味する「S」の文字と魅力的な数々の装備が与えられた「コペン ローブ S」を発表。同日より販売開始した。



6月に発売された2代目コペンの"第一のモデル"、「コペン ローブ」をベースに、ハイグレードな内装の装備と足回りを与えたコペン ローブ Sは、初代コペンに設定されていた「アルティメットエディション」と同様の位置づけ。装備も先代に準じており、インテリアにはスエード調生地を使用したレカロシートと、MOMO製革巻きステアリング・ホイールを採用。これは2代目コペンに合わせて専用設計されたものだそうだ。「肩口にサポートワイヤーも内蔵し、強い横Gに対して身体をしっかり支持する」というレカロシートの表皮は、標準カラーのベージュのほか、オプションの「ブラックインテリアパック」用にブラックも設定されている。また、ドアインナーハンドルやパーキングレバーボタンなど各部にメッキの加飾も施された。さらに「7速スーパーアクティブシフト付CVT」搭載車には、ステアリングから手を離さずにマニュアル感覚のシフト操作ができる、待望のパドルシフトが備わる。



足回りには「ダイレクト感溢れるハンドリング、操縦安定性とフラットな乗り心地を追求した」という専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバーを装着。もちろん初代のアルティメットエディションと同じく、リアにはガス封入式単筒ダンパーで有名なこのドイツに本拠を置くブランドのロゴバッジが付く。ただし、専用デザインのBBS製鍛造16インチホイールは、「車両価格設定を低く抑え、お客様の嗜好で選べるように」標準モデルと同じくメーカーオプションとされた。これにより、先代のアルティメットエディションでは標準グレードより30万円ほど高かったのに対し、コペン ローブ Sはベース車の約20万円アップに留まった。その他、フロントには通常ではオプションとして用意されているマルチリフレクターハロゲンフォグランプが標準装備される。



価格は、CVT車が199万8,000円。5速MTは201万9,600円(消費税込み)。購入後にこれだけのパーツを交換することを考えれば、(専用のレカロシートが気に入ったのであれば)お買い得と言ってもいいのではないだろうか。詳しい情報は以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。

ダイハツ コペン公式サイト
https://copen.jp/



By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Daihatsu Copen Robe S

Related Gallery:DAIHATSU COPEN