SUZUKI NEW ALTO 2014

スズキ株式会社は「うれしい」「楽しい」「新しい」を届ける新型「アルト」の発売を12月22日に発表。
1979年に発売された初代アルト。以来7代目モデルに至るまで、機能優先のシンプルなスタイル、低価格で実用車という目的を持ったベーシックな軽自動車という思考に基づき開発されてきた。新技術投入、低燃費化、軽量化、その時代に相応しい小さなクルマデザインで、スズキの代表とも言える軽自動車となり、国内累計約483万台を販売。

Related Gallery:

SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014

今回の新型で8代目となる新型アルトは、新開発のプラットフォームをはじめ、JC08モード走行燃費37.0km/Lを達成するなど、これまで引き継いできたアルトの思考を受け継いだ。
グレードは、乗用車(F/L/S/X)と商用車(VP)の5グレード。
旧型アルトを思わせるデザインとなった新型アルトは、シンプルさを重視したエクステリアだが、メガネをモチーフとしたヘッドランプ周りのデザインを採用し、目力を感じさせる個性的なフロントマスクに仕上がった。ハイライトや陰影にこだわったドアバック、キズが目立ちにくい材料着色のフロントおよびリヤバンパーを採用。
全高を低くし、ホイールベースを60mm伸ばし、クラストップとなる室内長2,040mmの実現により居住性も高い。
狭い駐車場での乗り降りをスムーズにするために、スズキ軽自動車ではじめてフロントドアに中間2段ストッパーを採用。さらに、クラストップの最小回転半径4.2mを実現。

SUZUKI NEW ALTO 2014

ボディーカラーは、新色「ピュアレッド」「シフォンアイボリーメタリック」をはじめ、Xにはグレーの2トーンバックドアを設定。全12バリエーションを用意。

SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014
SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014
SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014

インテリアはライトブルーを基調とし、白いパイピングをあしらったシート表皮。ヘッドランプと共通モチーフのデザインを採用したメーター。
女性ユーザーの要望が多かった「500mlの紙カップ」が置けるドリンクホルダー(5MT車を除く)を採用し、収納量を拡大したラゲッジアンダーボックス(VPを除く)など利便性を追求。
スイフトでも採用している「可変ギヤレシオステアリング」の採用により、直進付近ではクイックなギア比として、高速道路走行時は進路の修正をしやすく、市街地走行ではキビキビとした走りを可能にした。

SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014
SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014
SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014


新型アルトは、軽さと高剛性を両立したプラットフォームを新設計。
曲げ剛性・ねじり剛性が約30%向上したアンダーボディーは、主要な構造や部品の配置を全面刷新し、剛性や静粛性、衝突機能、走行性能などを大幅に向上させた上で、軽量化を達成。滑らかな形状にすることで補強部品を減らし、更に板厚を薄くするとともに骨格部を連続化することで、より少ない部品でボディー剛性を確保。
サスペンションフレームをフラットな構造とし、軽量化、高剛性を両立。
取付構造を変更し車体骨格の一部とすることで高剛性に貢献。フロント、リヤの「サスペンションストローク」を拡大し乗り心地を向上。フロント、リヤサスペンションに「スタビライザー」を採用(X 2WD車)。リヤサスペンションは新設計し、「トーションビーム式サスペンション」を新たに採用。リヤベアリングとハブの一体構造のハブユニットを採用し、転がり抵抗を低減。

新プラットフォームをはじめ、ボディー、足回り、エンジンに至るまで車両全体の軽量化を徹底し、60kgの軽量化を達成した。(新型アルトCVT車と現行アルト エコの比較)
軽量で強度の高い高張力鋼版をボディー全体の約46%に採用。さらに強度の高い超高張力鋼版980MPaの使用範囲を約16%に拡大し、大幅な軽量化を図った上でボディー剛性を確保。

SUZUKI NEW ALTO 2014

徹底した軽量化に加えR06A型エンジン、副変速機構付CVTを改良することで、ガソリン車No.1の低燃費を達成。R06A型エンジンの圧縮比を11.2から11.5に高めた上で、吸気ポートとピストン上部の形状を変更。熱焼室内でより強い渦を形成させ、均一な混合気を効率良く燃焼させることで熱効率が向上。
排気ガスの一部を燃焼室内に戻すことで、燃焼温度を下げ混合気の自然発火を制御するEGRシステムを採用。圧縮比アップに伴う筒内温度上昇によるノッキングを制御すると同時にポンピングロスも低減。
副変速機構付CVTは、車両全体の軽量化に伴い駆動力に余裕が発生するため、現行型と同等の動力性能を確保した上で、変速比を最適化し燃費性能を向上させた。

SUZUKI NEW ALTO 2014 SUZUKI NEW ALTO 2014

新型アルトには、スズキ軽乗用車初となる「オートギヤシフト(AGS)」を採用。
AGSは、MTをベースにクラッチ、シフト操作を自動化した電動油圧式アクチュアエーターを採用。トランスミッションとエンジンの協調制御によりシフトチェンジのタイミングを最適化。駐車時やエンジン始動時に使用するPレンジやクリープ機能を採用。マニュアルモードも選択でき力強くダイレクトなドライブ感ある走りを実現。
安全面では「レーダーブレーキサポート」装着車を全機種に設定するなど数々の安全技術を搭載。
スリップや横滑りを抑える「ESP」、運転席・助手席「シートベルトリマインダー」を乗用全車に標準装備。坂道で車両の後退を制御する「ヒルホールドコントロール」、衝突時の衝撃を効率良く吸収・分散する「TECT」を採用するなど、高い衝突安全機能を実現し安全性能を充実させた。

スズキ株式会社 公式HP
http://www.suzuki.co.jp/