英国の自動車雑誌『CAR』が伝えるところによると、アルファ ロメオマセラティの2ブランドでトップを務めるハラルド・ウェスター氏は、次期型「アルファ ロメオ スパイダー」がマツダの新型「ロードスター」とプラットフォームを共有するという過去に報道された計画を破棄し、自社開発になることを認めたという。

『CAR』2015年1月号に掲載されるというインタビューで、ウェスター氏はアルファ ロメオの次期型スパイダーは最終的にマツダとの協業によるものではなく、コードネーム「ジョルジオ」と呼ばれるフィアット・クライスラー自社開発の後輪駆動車用プラットフォームを採用することになると語ったという。これは「159」の後継として「ジュリア」という名前で登場すると噂されている新型4ドア・セダンなどにも使われる予定のアーキテクチャだ。

2012年5月に、マツダとフィアット・グループが発表した 「FRアーキテクチャを使用したオープン2シーター・スポーツカーの開発・生産に関する協業プログラム」は、まず新型マツダ ロードスターとして今年9月に登場、来年にはそのシャシーにイタリア製デザインのボディとエンジンを載せた新型アルファ ロメオ スパイダーが発表になると期待されていた。そしてその"イタリア車"は、日本でマツダが生産も担当する予定になっていた。

しかしその後、 フィアット・クライスラー・オートモービルズのセルジオ・マルキオンネCEOは、アルファ ロメオをよりプレミアムなブランドとして展開したいと考えているとの報道が何度もあり、マツダの大衆向け小型スポーツカーをベースにした新型モデルについてはその先行きが危ぶまれていた。



それではマツダとの契約はどうなるのか? 『CAR』によるとウェスター氏は「東洋から輸入するモデルは別のブランド、おそらくフィアット-アバルトから登場するだろう」と語ったという。

つまり、アルファ ロメオの新型スパイダーは同社の(そして同グループ内の)中・大型モデルとプラットフォームを共有した、マツダ ロードスターよりもサイズが大きなコンバーティブルとして開発が進み、日本で生産されるコンパクトなイタリアン・デザインのスポーツカーには、アバルトもしくはフィアットのバッジが付けられて2015年に登場する、ということになるらしい。

第二次大戦前から輝かしい伝統を持つアルファ ロメオのブランドは確かに魅力的ではあるが、マツダ ロードスターと血縁関係を結ぶなら、かつて"ジャイアント・キラー"と呼ばれた小さなレースカーでその名を轟かせたアバルトの方がお似合いという気もする。フィアット・グループのヒエラルキーから見て、価格もより手頃な設定が期待できそうなので嬉しい。

イタリアのブランドというイメージ的なものはさて置いても、SKYACTIVテクノロジーによるマツダ入魂の軽量シャシーに、魂動デザイン以外のボディと小排気量ターボ・エンジンの組み合わせを選ぶことが出来るようになれば、「トヨタ 86」&「スバル BRZ」というあまりによく似すぎてその差がほとんどない双子の兄弟にとって、かなり手強いライバルとなりそうだ。

Source: CAR magazine

By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mazda Roadster (2014.9)

Related Gallery:Touring Superleggera Disco Volante Geneva 2013

【PR】スパイダーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!