TOYOTA Mark X

トヨタ自動車株式会社は、GAZOO Racingが開発したスポーツコンバージョン車(外装・内装・走行性能などを特別仕様とし、少量生産方式で生産したクルマ)マークX"GRMN"を2015年3月1日から注文を受け付け、6月上旬に全国のトヨペット店を通じ100台限定で発売。同時に、マークX 350S"G's"250G"Sパッケージ・G's"はマークX特別仕様車"Yellow Label"(イエローレーベル)の外板色に特別設定された「アウェイクンイエロー」を追加。

Related Gallery:TOYOTA Mark X“GRMN”

2015年1月9日(金)から11日(日)の3日間(1月9日 業界・報道関係者招待日、10日~11日 一般公開日)幕張メッセで開催予定のTOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC(東京オートサロン2015)ほか、各地に出展する。

TOYOTA Mark X TOYOTA Mark X

マークX"GRMN"は、「走る楽しさ」と「操る喜び」を追求し「大人のスポーツFRセダン」をコンセプトに、マークX 350Sをベースとして開発。国内で販売している国産FRセダンとしては、唯一となるV6・3.5Lエンジンから生じるパワーをダイレクトに操ることができる6速マニュアルトランスミッションを採用。足回りの専用チューニングなどにより、一般道からサーキット走行まで幅広い走りができるモデルとしている。
サスペンションの専用チューニングの他、補強用ブレース、ドアスタビライザーの追加によるボディ剛性の向上、専用トルセンLSD、前後で異なるタイヤサイズの採用、ブレーキ部品の軽量化などにより、GRMNならではの走りを演出。CFRP(CFRP Carbon Fiber Reinforced Plastic:炭素繊維強化樹脂)製ルーフパネルやスポイラー(フロント・リヤ)を採用し軽量化を図るなど走行性能を向上。

TOYOTA Mark X TOYOTA Mark X

エクステリアは、フロントのバンパーやスポイラーを空力性能に配慮したデザインとしたほか、ライセンスガーニッシュをボディと同色とし、サイドミラーカバーをブラックとするなどスポーティさを強調。また、前後にGRMN専用エンブレムを採用。

TOYOTA Mark X TOYOTA Mark X

インテリアは、6速マニュアルトランスミッションの採用に合わせ、専用デザインのシフトレバーを採用。ペダル配置を変更したほか、サイドブレーキを手引き式とし、専用スポーツシートの採用やステアリングの小径化などでスポーツドライビング時の操作性を向上。
内装色は黒を基調とし、インストルメントパネルガーニッシュやメーター周辺などにピアノブラック塗装を施し、シートやドアトリムなどにウルトラスエード表皮を採用。その他、専用コンビネーションメーター、GRMNのロゴ入りのエンジンスタートスイッチなどを装備。

価格は540万円。

TOYOTA Mark X

トヨタ自動車株式会社 公式HP
http://toyota.jp/