MAZDA atenza

マツダ株式会社は「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」の世界累計生産台数が2014年11月末までに300万台に達したことを発表。2002年2月に防府第2工場(山口県防府市)で初代モデルの生産を開始して以来、約12年9ヵ月での300万台達成は「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」に続いて2番目に早い記録。
アテンザは現在、防府工場と中国の「一汽乗用車有限公司(FCC)」で生産しているほか、ロシアの「マツダソラーズマヌファクトゥリングルース」とベトナムの「ヴィナマツダCo.,LTD」でも現地組立を行っている。
2012年にフルモデルチェンジした現行の3代目は「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品の第2弾。日本で「2014年次RJCカーオブザイヤー」を受賞のほか「2013ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」の最終選考にノミネートされるなど、これまでに全世界で40以上の賞を受賞。
2015年1月より、アテンザの改良モデルを米国や日本をはじめグローバルに順次導入していく予定。改良モデルは、カーコネクティビティシステム「Mazda Connect(マツダ コネクト)」や先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」など、マツダの最新の技術や思想を反映している。

世界累計生産台数の詳細は、初代1,945,850台、2代目718,882台、3代目335,773台の合計3,000,505台となっている。

マツダ株式会社 公式HP
http://www.mazda.co.jp/