【レポート】シボレー、コンセプトカー「インパラ・ブラックアウト」を市販化!?
Related Gallery:2015 Chevrolet Impala Blackout Concept SEMA 2014 Photos

11月にシボレーSEMAショーで発表したコンセプトカー「インパラ・ブラックアウト」が、どうやら来春にも市販化されることになりそうだ。

しかし、この市販車はシボレーのアクサリー・カタログ内のアイテムだけで完成してしまいそうな内容となっている。ブラック基調にクロムトリムを控えめに施したその外観は、奥深い光沢のある黒の塗装に19インチアルミホイールを組み合わせ、ブラック仕様の"ボウタイ"エンブレムやグリルサラウンド、リアスポイラー、そしてミラーキャップを装着。インテリアはブラックレザーを採用し、ステンレス製のドアシルプレートとペダル、11個もスピーカーがついているBoseのオーディオシステムが装備される。エンジンは標準モデルと同じ最高出力305hpの3.6リッターV6エンジンだ。

シボレーの乗用車&クロスオーバー部門のマーケティングディレクター、Steve Majoros氏は米自動車情報サイト『エドマンズ・ドットコム』に、このモデルが「ミッドナイト・エディション」の名で来年の晩春ごろに発売されるだろうと語った。だが、価格やコンセプトどおりのスペックとなるのかについては触れなかった。

発売まで待ちきれないという方は、アクセサリー・カタログで部品を取り寄せ、ご自分で同じように組み立ててみてはいかがだろうか。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Chevrolet Impala Blackout Concept SEMA 2014 Photos

Related Gallery:2014 Chevrolet Impala: First Drive

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!