昨日に引き続き、RC(ラジオコントロール)モデルやトイ、ホビー製品の製造・販売で知られる京商の製品ラインアップから、クリスマス・プレゼントにお薦めのアイテムをご紹介しよう。今回も読者の方にプレゼントをご提供いただいたので、どうぞ最後までお読みいただきたい。

本日もAutoblogらしくクルマ関係のアイテムから。寒い季節は室内で仲間と盛り上がりたい、という方には、ドイツのスロットカー・ブランド 「カレラ」がお薦めだ。最新デジタル式の「カレラDigital 132」なら、1レーンに最大6台が走行可能。レース戦略が楽しめるレーンチェンジや、ペースカーも導入できる自動走行、雰囲気を盛り上げるライトアクションなど豊富な機能が満載で、価格は3万8,880円から。もっと手軽にスロットカーを始めてみたい人には、アナログ式1/43スケールの「カレラ GO!!!」セットが用意されている。こちらは9,698円から。F1、GTカー、ロードカーなど、車種も豊富だ。




レーシングカーだけでなく、軍用車両にも興味があるという方なら、スマートフォンで自由自在に操縦できる戦車「ポケットアーマー」シリーズはいかがだろうか。その魅力は、約1/60スケール(全長162mm)という小さなサイズに、フォルムやディテール、カラーリングまで拘ったリアルな仕上げがまず1つ。アメリカ陸軍の「M1A2エイブラムス」と陸上自衛隊「90式戦車」の2モデル、それぞれ3タイプのカラーが揃っている。もう1つの魅力はもちろん、スクリーンをタッチするだけで前進、後進、左右履帯の独立制御による信地旋回、超信地旋回が可能という動かす楽しさだ。しかも砲弾発射と機銃掃射のサウンドを(スマートフォンのスピーカーから)鳴らすギミックまで搭載されている。価格は6,264円とお手頃で、単四アルカリ乾電池3本で120分以上の長時間走行ができるほど"燃費"もいい。



「AR.Drone」で知られるパロット社の「ミニドローンズ ローリングスパイダー」は、手のひらに乗る超小型サイズのクアッドコプター。これもスマートフォンやタブレットを使って直観的に操縦できる。離着陸やホバリングは自動、ボディ両サイドのホイールで床、壁、天井を転がることもでき、さらに本体下部のカメラでスナップショットを撮ることまで出来るとか。価格はAR.Droneよりずっと手頃な1万2,800円。




同じパロット社の「ミニドローンズ ジャンピングスーモ」は、空を飛ぶことは出来ないものの、床を走ったり、高速で回転したり、80cmの高さや距離をジャンプしたりできる小型ロボット。こちらもスマートフォンやタブレットで遠隔操作するのだが、フロントに搭載されたカメラが前方の捉えた映像をストリーミングで操作デバイスへ送ってくるというのが面白い。価格は1万9,800円。




飛行系RCの中でも、フランスのXTIM社が開発した「アビトロン V2.0」は"バイオニックバード"という名称通り、ラジオコントロールで操ることができる"機械仕掛けの鳥"。本物の鳥のように羽ばたく様子は子供が喜びそうだし、大人も知的好奇心がくすぐられる(ぜひ動画でご覧いただきたい)。こちらも手のひらサイズなので室内でも楽しめるが、外に出れば飛行距離は最大100m、しかも128機(羽?)まで同時に飛ばすことが可能だそうだ。価格は1万5,120円。




最後にご紹介するのは、人気ゲーム『モンスターハンター4』に登場する「ネコ式火竜車」のRCアクションフィギュア。前後進、左右旋回が可能なだけでなく、送信機のボタンで砲弾を放つこともできる。オトモアイルーのフィギュアは車体から取り外して飾ることも。造形やカラーリングのクオリティが高いので、お子様だけでなくモンハン・マニアは喜びそう。1万3,824円という価格もクリスマスということで許容範囲か。




さて、お待ちかねの読者プレゼント。今回は比較的狭いスペースでも気軽に楽しめる1/43スケールのスロットカー「カレラGO!!!」のセットを1名様に。昨日と同じように応募要項をお読みの上、ぜひご参加いただきたい。それ以外の製品が気になった方は、京商の公式サイトをどうぞ。

京商 公式サイト
http://www.kyosho.com/jpn/index.html

前編の記事はこちら(RCカーの読者プレゼント有り)
http://jp.autoblog.com/2014/12/17/kyosho-2014-winter-12-items-1/



<プレゼントの応募要項>

ご応募はTwitterまたはFacebookから。ついでにAutoblogに対する感想なども聞かせていただけると嬉しいです。締め切りは12月25日(木)のクリスマス当日いっぱいまで。当選された方には、後ほどこちらからご連絡を差し上げ、プレゼントの発送先などをお訊きします。ご了承くださる方のみご応募ください。

Twitterで応募
Autoblog Japan 公式アカウントをフォーローして


以下のボタンでつぶやいてください。


Facebookで応募
Autoblog Japan公式Facebookページに「スロットカーが欲しい!」とメッセージを送ってください。