アストンマーティン・ワークス60周年記念の「ヴァンキッシュ」特別限定モデルが登場!
Related Gallery:Aston Martin Works 60th Anniversary Vanquish Photos

アストンマーティンは、1954年12月に英ニューポート・パグネルに工場が設立されてから今年で60年を迎えた(現在はサービス部門としてその地に残る)アストンマーティン・ワークスの60周年記念モデルとして、「ヴァンキッシュ」をベースとした6台の特別仕様車を限定生産すると発表した。

アストンマーティンのカスタマイズ部門「Q by Aston Martin」が内外装を手掛けるこの限定車は、6台ともわずかに異なり、それぞれが創業から10年毎をテーマとするクーペまたはコンバーチブルとなっている。一目で60周年記念モデルと分かるエクステリアはもちろんだが、最もこだわった点はコクピットにある。コンソールに備わるノブのベゼルには、アストンマーティンがニューポート・パグネルで過去60年の間に製造したモデルから取り出されたピストンのアルミニウムが使用されているのだ。

今回ご紹介する1台は、アストンマーティンのクリスマスイベントで発表されたもので、テーマとなった年代は最も新しい"2005年から2015年"。ノブのベゼルには、オリジナルのヴァンキッシュで実際に使用されていたピストンを加工したものを使用している。その他の5台に使用されているモデルにも、往年の名車が名を連ねた。時間を遡りながらご紹介していくと、"1995年から2005年"はスーパーチャージャー付き「V8ヴァンテージ」、"1985年から1995年"はパワフルなV580Xエンジンを搭載した「V8ヴァンテージ Xパック」、"1975年から1985年"は「V8クーペ」、"1965年から1975年"は「DB5」、そして"1955年から1965年"は「DB 2/4 Mk II サルーン」となっている。各モデルのベゼルのうち、1つにはそのモデルがテーマとした年代が、その他には「60TH ANNIVERSARY EDITION」の文字が刻印されている。

この他には、サイドストレイクやホイールは特別色のアニバーサリー・イエローで彩られ、織り目模様が美しいCFRPが内外に使用されている。フェンダーには「Q」のエンブレムが輝き、インテリアには60周年記念ロゴの刺繍と黄色いクロスステッチも施されている。

価格についてはアストンマーティン・ワークスに問い合わせが必要だが、プレスリリース(英語)や写真を見るだけなら無料なので、どうぞご利用いただきたい。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Aston Martin Works 60th Anniversary Vanquish Photos

Related Gallery:Aston Martin Vanquish Carbon Edition Paris 2014 Photos

【PR】ヴァンキッシュの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!