【ビデオ付き試乗記】格好良さとちょうど良さが光るホンダの新クロスオーバー「VFR800X」に乗った
Related Gallery:Honda VFR800X

12月12日に発売となったHondaの新たなクロスオーバー、「VFR800X」に乗って来た。
格好良い。これが第一印象。よく見ると、どの角度から見ても、まとまっているし、隙が無い。今年、多くのニューモデル達を送り出してきたホンダにあって、一番スタイリッシュである。

スタイリングコンセプトは、TOUGH&SOPHISTICATION。アーバンでも映える洗練ボディデザイン。狙いは「合理的で美しい機能部品、洗練されたミニマムボディ」だそうだが、しっかりと納得できる仕上がりになっている

コンセプトは、「Jump & Go!」ガレージから飛び出し(Jump)、コンクリートジャングル(街中)へGo!毎日乗りたくなる「V4アップライトスポーツ」。VFRシリーズの最大の特徴であるV4エンジン、後輪片持ち式のプロアームを踏襲しながら、このモデルではHondaセレクタブルトルクコントロールも採用され、先進性も特徴の一つとなっている。

エンジンは、車体のキャラクターに見事に合致していて、V4らしい鼓動とトルクを持っていて、低速域からの扱いやすさが特徴的である。市街地走行レベルの速度域から、長距離走行で要求される高速域まで余裕にこなす実力を備えている。また、Hondaセレクタブルトクルコントロールを新採用、オプションながらクイックシフターの装着も可能となっている。

車体は、「高いアイポイントのアップライトポジションと取り回し時の軽快感」を狙って作られ、前後のサスペンションを延長して、独自の車体バランスを生み出し、重心がほどよく分散したことによる軽快な操縦安定性を身につけている。

これによって、シート高は数値的には835mmとなるが、シートの幅を狭めるなどの工夫によって足つき性は保たれ、170cm程度の身長のライダーなら無理を感じる事はない。加えて、アジャスタブル機能も備わり815cmに下げることができる。




車体デザインの一部ではあるが、頭部に過剰な風があたらないよう上手くチューニングされたフロントフェアリングや、パッセンジャーシートの前部形状の変更やクッション厚の見直しによって居住性の向上も図られている。

ABSやETC、センタースタンドの標準装備や、LEDヘッドライト、新型のLCDメーター、グリップヒーター、ウィンカーオートキャンセラーなどの装備も盛り込まれ、いつどんなシーンへも気軽に乗って行けそうな、そんなまとまりを感じさせる、まさしくクロスオーバーらしい仕上がりが印象的だった。

車体色は、パールグレイホワイトとキャンディーアルカディアンレッドの2種類でメーカー希望小売価格¥1,382,400(消費税抜本体価格¥1,280,000)。フォグランプ、フロントサイドパイプ、パニアケース、トップボックス等のツーリングに便利なオプションパーツも用意されている。


Honda 公式サイト:「VFR800X」
http://www.honda.co.jp/VFR800X/



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Honda VFR800X

Related Gallery:HONDA VFR800X

【PR】VFR800Xの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!