燃料電池も受賞! 米が選んだ2015年の「10ベストエンジン」
毎年恒例となっている、米自動車業界の情報メディア『WardsAuto』が選ぶ来年の「10ベストエンジン」が発表された。今回も低燃費エンジンから大排気量過給エンジン、電気モーターに燃料電池まで、幅広い選出となっている。

昨年までと同様、主流は過給機付きエンジンとなり、ベスト10のうち7つをターボまたはスーパーチャージャー装備のエンジンが占めている。しかし今年が少し違うのは、フォード「フィエスタ」MINI「クーパー」の3気筒ターボが2つ入っていることだ。他にはボルボ「S60」の2.0リッター4気筒ターボ、フォルクスワーゲン「ジェッタ」の1.8リッター4気筒ターボ、スバル「WRX」の2.0リッターボクサーエンジンなどが選出されている。

BMWグループとクライスラーグループは、今回の「10ベスト」に2種類のエンジンが選ばれている。BMWからは前述したMINIの3気筒エンジンと、「i3」の127kW電気モーター。クライスラーグループからはラム「1500」ジープ「グランドチェロキー」に搭載されている3.0リッターV6ターボディーゼルと、後述するスーパーチャージャーを搭載したモンスター級のエンジンが選ばれた。ヒュンダイ燃料電池車(FCV)「ツーソン」に搭載された出力100kWの燃料電池で受賞しており、『WardsAuto』が考えるエンジンの幅の広さがうかがえる。

リスト入りしたエンジンで最後に紹介したいのは、『Autoblog』編集部のお気に入りでもある2種類。共に6.2リッターと大排気量だが出力の方法は大きく異なる。まずはシボレー「コルベット」の伝統的なV8自然吸気OHVエンジンで、最高出力455hp(日本公式HPでは460ps)を発揮する。もう一方は、クライスラーグループのダッジ「チャレンジャー」と「チャレンジャー SRT ヘルキャット」という今年大いに注目を浴びた車種に搭載された、最高出力707hpを叩き出すスーパーチャージャー付きヘルキャットV8エンジンだ。これは今年最も興奮させられたエンジンと言っていいだろう。

『WardsAuto』の編集責任者ドリュー・ウィンター氏は、「自動車業界全体を見て、あらゆるエンジンを評価するために多大な時間を費やした。今年の10ベストエンジンのリストが、自動車メーカーによる最新のイノベーションの縮図となったことを誇りに思う。このリストは熱狂的なクルマ愛好家のためでもなければ、環境活動家のためでもない。リストに挙がったエンジンは、あらゆる価格帯で自動車の購入を考えている全ての人に、最上級のドライビング・エクスペリエンスを提供するだろう」と語っている。

全リストはプレスリリース(英語)からどうぞ。そして皆さんが考える10ベストエンジンをぜひ教えてほしい。


By: Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Ward's 10 Best Engines of 2015 Photos

Related Gallery:2015 Dodge Challenger SRT Hellcat First Drive Photos

【PR】受賞エンジン搭載車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!